2024年2月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
花かすみ 前田亜里紗
(本部)
式紙

 

うすぼんやりとした遠景と段々とはっきりしてくる近景、
紫で纏まった色合いで春の早朝を描いています。
霞がかった風景を描く練習になります。

@厚紙 紫の濃淡折り染め
A厚紙 淡いピンクの無地
B厚紙 ピンクの無地
C厚紙 白の5.5匁
D薄紙 淡い紫と白の折り染め
E薄紙 ピンクと白の折り染め
F薄紙 紫とピンクと水色のむら染め(典具帖)
G薄紙 やや暗い紫の濃淡折り染め
H薄紙 極淡い紫の無地
I薄紙 青みがかった紫の無地(典具帖)
J薄紙 緑の濃淡折り染め
K薄紙 濃く暗い紫の無地
L薄紙 ピンク系の吹付染め(典具帖)
M春雨落水紙 ピンクのむら染め
N春雨落水紙 白

式紙:うす紫

【下準備】
全体の位置を決めておきます。式紙上半分にDを貼ります。


【遠景(ア)〜(ウ)】
(ア)の山をDとEで貼ります。ハケで寄せる、少し折る等で稜線を作ります。
(イ)をFで取ります。水切りし、ハケで寄せます。
(ウ)はGです。裾の霞んでいる部分は地の色を出します。
裾部分はちぎり、背景となじませます。DEでぼかします。

【中景(エ)〜(オ)】
(エ)の山を@で貼ります。Eで全体をぼかします。

ILFで色を調整します。
IJKで森を貼り、DEHでぼかします。
(オ)をAで貼ります。Lで桜の表現をします。
同じく手前にIJKで森を貼ります。

【近景(カ)】
(カ)に@を貼ります。上からKを貼ります。
MNを桜の木の丸みを意識してちぎり、Lでぼかします。
BCを細かく刻み、散らします。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。