2023年9月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
パンケーキいかが? 矢野伸明
(本部)
式紙

 

@厚紙 白10匁
A厚紙 黒と焦茶と灰の折り染め
B厚紙 茶とベージュの折り染め
C厚紙 ベージュとオフホワイトの折り染め
D厚紙 黄色の折り染め
E厚紙 緑の折り染め
F厚紙 赤とボルドーの折り染め
G厚紙 紫と紺の折り染め
H薄紙 焦茶とうす茶の折り染め
I薄紙 濃いオレンジの濃淡折り染め
J薄紙 ベージュと薄緑のむら染め
K薄紙 くすんだ水色の無地
L薄紙 淡い水色の無地
M薄紙 淡い赤の無地
N春雨落水紙 赤の無地
O春雨落水紙 ピンク

【式紙】
薄い青

※学びのポイント
パンケーキの柔らかさ、金属の硬さや光沢、
液体の透明感などひとつの作品で
様々な質感や量感が表現されております。
ご自身のオリジナル作品を作る際にも表現の幅が広がります。
是非参考にしてください。

※陰と影について
 ・陰…光が当たらない部分
 ・影…光をさえぎられてできる像・姿・形の暗い部分

【下準備】
食器の影の位置を決め、軽く下描きをしておきます。
型紙を用いて、@で皿2種とピッチャー、
ナイフの輪郭線を取ります。
パンケーキの皿にナイフの位置の印をつけておきます。
先に影を貼ります。
Kで型紙から2種の皿の形を取ります。
ピッチャーは手本の影を取ります。
※皿は影の長辺が式紙の上・底辺と並行になるようにしてください。

【皿】
下準備で取っておいた@を貼ります。
Lで内側に陰を貼ります。
パンケーキの皿にBの紙を細く取ってフチを取りします。
下半分はやや太めに貼り、上半分は細く貼ります。
Hや@などで金色の表情をつけます。


【パンケーキ】
パンケーキの位置を決めます。
先に皿の内部に写るパンケーキの影と、
パンケーキに隠れる部分のベリーを貼ります。
(パンケーキの影)KとJを重ねて貼ります。
(ベリー)FGを丸くちぎります。
(パンケーキ) 図Tの(A)部分をBCで二枚づつ丸く取ります。
一番上になるBは、染めを見ながら取ってください。
(ハチミツとバターも描きこんでおきます。)
(ハチミツ) HとIを型紙で同じ形に取ります。
先にHを貼ります。
少し左上にずらしてIを貼ります。
残ったHがハチミツの陰に見えて立体感が出ます。
Iの淡いオレンジ部分をちぎり、明るい部分に貼ります。
@でハイライトを貼り、つやを出します。
(バター)Cをバターの形に取ります。
淡い陰の方をIの淡いオレンジ部分、
暗い陰の方をHの焦茶部分です。
(ベリー) FとGを丸く取ります。
ベリーの影をKで取ります。
赤いベリーはMで影への映り込みを描きます。
赤いベリーにNで質感を付け、Oでハイライトを入れます。
紫のベリーは明るいところにKです。


【ナイフ】
発色を良くするために@で型を取り、下貼りします。
図UはAの紙です。明るい部分で全体を取り、
方向を変え、柄の部分を取ります。
(ナイフの色がなじむように刃と同じ色の部分まで取り、
手でちぎります)。
ハイライトに@、一番暗い部分はAの黒です。

【レモン】
図Tの(B)部分を@で取ります。
取ったものに合わせてDを少し大きく取ります。
Jの紙を@よりも少し小さく取り、D@Jの順に重ねて貼ります。
@をハサミで細く取り、レモンの房の区切りを作ります。
同じ紙を丸くちぎり、中央に貼ります。種はCです。
ミントはEをちぎります。
レモンの色が移りこむ陰部分にJを貼ります。

【ピッチャー】
Lでピッチャー全体に薄い陰を貼ります。
中はKを底に貼り、上からJです。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。