2023年6月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
ひまわりの丘 矢野伸明
(本部)
4F式紙

 

@厚紙 白5.5匁
A厚紙 緑系絞り染め
B厚紙 緑系濃淡折り染め
C厚紙 黄色とオレンジの折り染め
D厚紙 茶色の無地
E薄紙 白
F薄紙 青と白の雪しずく染め
G薄紙 黄色とオレンジの折り染め
H薄紙 オレンジと濃いオレンジの折り染め
I薄紙 深緑のむら染め
J薄紙 緑系むら染め
K春雨落水紙 黄色の無地
L大穴落水紙 黄色の無地
M大穴落水紙 緑の雪しずく染め
N春雨落水紙 茶色の吹付染め

【F4式紙】
濃青


【入道雲】
丘のラインを引きます。
Eで雲を取ります。(画面右端の雲はちぎって継いでください。)
Fの染部分を細くちぎり陰を作ります。

【ひまわりの丘】
(土台) Dを丘全体に貼ります。画面下周辺にMで変化を付けます。
(林) Mをちぎり、IJで整えます。
(ひまわりの遠景) 土台の上から2pほどKを貼ります。
(主役のひまわりの葉の位置辺りで落水紙を継いでください)
(ひまわりの近景) Kに少し被るようにLを画面下まで貼り、
遠近感を出します。ひまわり畑のイメージになっていれば良いです。

【主役のひまわり(茎・葉)】
※葉に使用するBの和紙は、
職人さんが手作業で染めるため、手本と少々異なります。
下貼り用として@に花と茎を写し、鉄筆で取ります。
※写す際は花弁等も描きこんでおきます。
(茎)
染めを見ながら下貼りの上にBを貼ります。
上からAをちぎり、雰囲気を出します。
陰にIJを貼り、日差しの強さを出しましょう。
(葉)
下貼り用の@に葉を写し鉄筆で取り、貼ります。
その上にBを貼ります。(鉄筆を軽く当てた後、水切りをします)
一番上の光の当たる葉はBの明るい部分、
真ん中の葉はBの染め分けを利用します。
下の葉はBの明るい部分で全体を取り、
陰の部分は同じ紙の濃い部分を使います。
IJで色を整えます。

【主役のひまわり(花)】
左図、太線で囲った(A)の苞葉
(裏側のツンとした部分)に一枚ずつAを貼ります。
(ア)〜(エ)の花弁は、花弁の付け根が濃い色になるように
Cの染を見ながらそれぞれ塊で取ります。
※図を参照してください。
GHで陰を付けます。
中央の茶色部分をDでとり、上からNを楕円にちぎります。
更にその上にDを重ね、陰をIJで付け整えます。
手前の翻っている花弁をCで取ります。
(下の茶色が透けるようでしたら、@を下貼ります。)
GHで陰をつけます。

 


この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。