2022年12月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
明けゆくとき 森 文江
(鳥取県)
式紙

 

染めを活かした優しい色合いの空や雪。
手でちぎる、毛羽を出すといった手作業の風合いが
水彩画のような滲みや風合いを
表現しており、暖かな印象の作品です。

@薄紙    ピンクと青の三彩染め(典具帖紙)
A薄紙    淡いピンクの濃淡折染め
B薄紙    淡いグレーと紫の吹付け染め(典具帖紙)
C薄紙    水色と青の雪しずく染め
D薄紙    白(典具帖紙)
E春雨落水紙 青と紫のむら染め
F春雨落水紙 青と紫のドーサ入りむら染め
G春雨落水紙 紫と白のむら染め
H春雨落水紙 紫の顔料染め
I春雨落水紙 淡いピンクと淡いグレーのむら染め
J春雨落水紙 白
K大穴落水紙 濃い紫の無地
L大穴落水紙 白
M雲竜紙   濃いグレーとグレーの多色雲竜
N雲竜紙   白

【式紙】

【バック】
全体の位置を決め、@でバックを貼ります。
丁度良い位置に染めが来ない場合は、
森に隠れるところで水切り等をしてください。
(三彩染め典具帖紙は一枚一枚職人の方の
手作業で作られているので、
厚さや色にばらつきがございます)

【遠景の森】
Kをちぎります。
上から森全体にAを重ねます。

はみ出すように大きめに貼ってください。
Iで色を整えます。
木々の下部分の雪はLをちぎり、上からDJNです。
Bで色を整えます。

【木々】
Mの繊維を抜いて木の幹や枝を貼ります。
Nの繊維を抜いて木にハイライトを入れます。
EFGHで葉を貼り、JCで整えます。

【仕上げ】
地面や空に@Aで雲や空の色の反射を描きます。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。