2022年8月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
子鹿の物語

原案:植村ケイ子(奈良県)
作画:桜井あす香(鳥取県)

式紙

野山を駆け回っている時に、
ハッと気づいて立ち止まった一瞬を切り取ったような作品です。
地面や鹿を暗くする事により、コントラストが生まれ、
逆光が上手く表現されています。
子鹿への視線誘導を意識した構図です。


@厚紙 ベージュ系無地
A厚紙 こげ茶系濃淡むら染め
B厚紙 黒
C厚紙 茶とグレー系絞り染め
Dうす紙 赤とベージュ系雅染め(典具帖)
Eうす紙 オレンジと黄雅染め(典具帖)
Fうす紙 茶系濃淡折染め
Gうす紙 こげ茶むら染め(典具帖)
Hうす紙 薄オレンジ無地(典具帖)
I春雨落水 くすんだ緑系むら染め
J春雨落水 深緑無地
K春雨落水 赤系雅染め
L春雨落水 赤橙緑グラデーション雅染め
M大穴落水 淡オレンジと淡ピンク顔料染め
N大穴落水 山吹色系むら染め
トレーシングペーパー(必要な方はお使い下さい。)
※Kは染めの濃淡・発色などバラつきがございますので、
貼り方を工夫して下さい。

【式紙】
オフホワイト
 
【下準備】
鹿、地面、枝の位置を決めておきます。
 
【脇役の木々】
[左の木々]画面左上にM、左下にDを貼ります。
左上にLの緑部分を重ねます。
NIJの順に貼り、Lで色を整えます。
[右の木々]画面右にDをちぎります。
上からEを重ねます。
(Dより大きめにちぎり、毛羽を活かして葉の雰囲気を出します。)
IJを貼り、Lのオレンジ部分で色を整えます。
[画面中央上]下準備で決めておいた枝の位置に合わせ、
逆光で透けた紅葉のイメージでKを貼ります。
画面左上から紅葉の葉のイメージでLの橙色と赤を貼ります。
枝はCを細く取ったものを使用します。
紅葉全体にLの赤部分を小さくちぎります。
 


【主役の鹿】
※図1のように耳・手前に見える前足と
後足を除いたシルエットを@で取ります。
奥に見える脚にFの淡い部分を重ねます。
※図2の色付き部分(手前に見える脚)を@で取った後、
Gを重ねます。
Fの濃い部分とGで鹿全体の色付けをします。
光の当たる部分はHを使用します。
顔全体にHを貼ります。額にFの濃い部分を貼ります。
目と鼻はBを使用します。
耳はAで全体を取り、耳の穴にHを貼り、
Fの淡い部分で色を整えます。
背中の模様はDを貼ります。
 
【地面】
Cを斜めに貼ります。
落ち葉のイメージでKを貼ります。
(染めの濃淡・発色などバラつきがございますので、
工夫して貼って下さい。)
左側の木々との境目辺りにIを貼ります。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。