2022年6月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
クリームソーダ 前田亜里紗
(本部)
式紙

どこか懐かしさを感じるクリームソーダと
ビー玉を組み合わせた作品です。
ガラスの透明感やサクランボの艶やかさ、
アイスのふんわり感等、
ひとつの作品で様々な質感が描かれています。

【使用和紙】
@厚紙 白5.5匁
A厚紙 水色の無地
B厚紙 グレー系濃淡折染め
C厚紙 ベージュむら染め
D厚紙 赤とピンクの折染め
E薄紙 淡い水色のたまゆら染め
F薄紙 淡い青と白の折染め(典具帖紙)
G薄紙 濃い水色と白の折染め
H薄紙 青の吹付け染め(典具帖紙)
I薄紙 淡い水色の無地
J薄紙 極淡いベージュの無地
K薄紙 赤の濃淡折染め
L薄紙 黄色の濃淡折染め
M薄紙 緑の濃淡折染め
トレーシングペーパー(必要な方はお使い下さい。)
 
【式紙】
水色

【下準備】
全体の位置を決めます。Eをちぎり、バックを貼ります。
 
【グラス】
@にグラスの形をとります。
グラスの持ち手(くびれた部分)と土台にFを乗せます。
≪ソーダ≫
ソーダの入っている部分にAを貼ります。
Bでスプーンの柄、Cでアイスの下貼りをします。
ソーダの部分に白部分を上にしてGを重ねます。
(アイスの下貼りに色を重ねてください。)
グラスの両端はハケで寄せる等で形を整えます。
グラスの中心部分にHで色をつけます。
同じ紙をちぎって端をハケで寄せると氷が入っているような
表現になります。
Iをグラスの両端と底に貼ります。
グラスの持ち手にソーダの色が反射するのでHを貼り、
周りをハケで寄せます。土台部分にも反射した色をHで貼ります。
≪アイス≫
Cで取ったアイスの下貼りに@で明るい部分を貼ります。
Cを重ねて質感を表現します。陰の部分にJです。
CJでソーダに溶けた部分を貼り、IGでぼかします。
サクランボはDで形をとり、Kを重ねます。柄はMを細く取り、
先端の濃い部分にKを貼ります。
グラスの縁やスプーンの光沢等に@を細くとります。
グラスの縁の下にKを細く貼り、
サクランボの映り込みを表現します。
 
【ビー玉】
@を丸く取ります。上からLとMで色付けします。
ビー玉にはソーダの色が反射して写るので、
ソーダを向いている面に少しGで色づけします。
ビー玉の底面にFを貼り、グラスの土台にMを貼り、
緑のビー玉の反射を表現します。ハイライトは@で貼ります。
グラスとビー玉の地面との接地面にHを細くとります。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。