2021年11月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
ばら咲く窓で 大井八重子
(群馬県)
式紙

つるバラと窓の作品です。
レースの繊細なカーテンや、少しくすんだ色使いなどが
ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。

【使用和紙・式紙】
@厚紙  白10匁
A厚紙  緑と赤の格子染め
B厚紙  緑の無地
C厚紙  紫と赤紫と淡い赤紫の折染め
D厚紙  白とピンクと紫の折染め
E薄紙  紫とピンクと青のむら染め典具帖紙
F薄紙  白の無地超々極薄紙
G薄紙  淡い紫の無地
H薄紙  緑と黄緑の折染め
I薄紙  ボルドー(暗めの赤系)の無地
J落水紙 明るい青緑の無地
K落水紙 くすんだ青緑の顔料染め
L落水紙 緑、青、ピンク、黄色の顔料むら染め
M雲竜紙 淡い灰青とグレーのむら染め
 
◎式紙  レザック 淡い灰ベージュ
 
【下準備】
窓の位置や右下の大きな薔薇を軽く下描きします。
窓は中央ではなく、やや右寄りです。
 
【窓】
窓の枠の中にEを2枚重ねて貼ります。
Fを絞り、ヒダを付け、形を整えながらカーテンを貼ります。
カーテンのタッセルは@です。
上からGを全体に重ねます。
@で窓枠を取ります。
(@は最初に、窓枠のパーツをすべて下描きしてから
取ると良いでしょう。)
カッターやハサミを使用すると固い線になってしまうので、
鉄筆を使ってください。少しまっすぐでない部分を
入れることで柔らかい雰囲気になります。
Aの赤い部分を細く取り、窓枠のアクセントにします。
 
【窓周りのつるバラ】
Hを下地に貼り、JKLを重ねます。
Mの繊維を抜いて、つるを貼っていきます。
CDを丸くちぎります。
花弁はひねる、折る等で質感を出します。
 
【右下の大きな薔薇】
ABHで葉を貼ります。
Cを下の段の花弁にします。
上の段の花弁はDを貼ります。
Iで色を整えます。
中央の重なりは紙を折る、寄せる等で表現します。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。