2021年9月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
お茶の花 竹井 莅
(岡山県)
式紙

落ち着いた色合いと上品な雰囲気で
部屋に飾るのにピッタリの作品です。

【使用和紙】
@厚紙  グレー濃淡折染め
A厚紙  緑と淡い水色の折染め
B厚紙  くすんだ黄緑と濃い緑の折染め
C厚紙  淡い緑と濃い緑の折染め
D厚紙  白の出雲民芸紙・三椏(大判)
E厚紙  白の10匁・楮(小判)
F厚紙  黄色と山吹色の折染め
Gうす紙 淡い緑系の濃淡折染め
Hうす紙 淡い茶色のむら染め
 
【下準備】
全体の位置を決めます。
 
【枝】
@を細く取ります。濃淡や節をみて、ちぎって調整します。
枝の先端はACの濃い部分を細く取ります。
 
【葉】
花との関係を見ながら貼っていきます。
花の上にかかる葉は後から貼ります。
ABCを使います。
枝の先端にある若い葉はBです。
 
【花】
Dを花弁の形に取ります。
Gで花弁の色付けをします。
Eを細く刻み、上からFを細かく刻んで花芯を作ります。
右上の蕾はAの濃い部分とDを重ね、一緒に丸く取ります。
Dを少し上にずらして作ります。
蕾の色付けはGです。
 
【仕上げ】
各種緑の厚紙を細く取り、葉脈を貼ります。
Hで枝の節を貼ります。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。