2021年6月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
赤い屋根 横竹敏美
(岡山県)・本部
3P式紙

ドーサ染めを使った空の表現が面白く、
イラスト風の雰囲気になっています。
のどかで優しい色使いの、可愛らしい作品です。

【使用和紙】
@水色系ドーサ染め薄紙(機械漉き典具帖)
A白の3匁
B白の薄紙
C水色濃淡折染め薄紙
D茶系絞り染め厚紙
E淡い緑系雪しずく染め薄紙
F黄緑濃淡折染め薄紙
G淡い緑の無地薄紙
H緑濃淡折染め薄紙
I青緑系無地薄紙(典具帖)
J緑系むら染め春雨落水
K緑と黄緑の折染め春雨落水
L黄色と白の絞り入り折染め厚紙
Mピンク系濃淡折染め厚紙
N未晒し黒皮入り楮紙
O赤の無地厚紙
Pオレンジの無地薄紙
 
【下準備】
全体を軽く下描きしておきます。
 
【空と最奥の山】
空は@を画面上(約6.5p幅)に貼る。
※ドーサの模様は不規則です。
見本と同じようにはなりませんのでご了承下さい。
空の下側にABを細長くちぎったものを
貼り重ねて境界線をぼかします。
Cを2枚重ねて最奥の山から
奥の丘(画面右)の丘裾辺りまで貼ります。

【道】
Dを細くちぎって式紙の地色を残しながら貼ります。
手前は太く、奥は細くなるように貼ると奥行きが出ます。
同様にEを細くちぎって貼ります。
 
【丘】
奥の丘(画面右)はFGを重ねて貼ります。
丘裾の右側にHを重ねます。
手前の丘(画面左)はFGHをちぎって貼ります。
丘裾はジグザグになる様に意識します。
奥の丘との境目にIを貼ります。
丘裾の左側にJK、丘の上部にE更にその上から
細くちぎったKを重ねます。
LMを細かく刻んだものと、
それよりやや大きめに刻んだものを用意します。
丘裾の奥(画面右側)に細かく刻んだもの、
丘裾の手前(画面左側)にやや大きめに刻んだものを散らします。
 
【家と木々】
家の外壁はN、屋根はOの上にPを重ねて貼ります。
窓と風見鶏はDを使用します。
家の周りの木々はJKを貼ります。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。