2021年6月の教材

 

作品名 作者名 サイズ
カワセミ 吉井順子
(埼玉県)
式紙

じっと水面をのぞき込むカワセミの真剣な表情が
活き活きと表現されています。
きらめく水やガマの穂など、水辺の豊かな情景が描かれた作品です。

【使用和紙】
@淡い緑系雪しずく染め薄紙
Aくすんだ緑と茶色の絞り染め厚紙
B濃い茶色とグレーの絞り染め厚紙
C茶色と薄い茶色の絞り染め厚紙
D白の5.5匁
E青と水色の折染め厚紙
F青の雅染め(吹付染め)薄紙(典具帖紙)
Gオレンジがかった茶色の無地厚紙
Hグレーと青の折染め厚紙
I水色の大穴落水紙
J濃い紺色の無地厚紙
K紺色の無地薄紙
Lオリーブ色と白の絞り染め厚紙
Mオレンジの無地網目落水
N白の大穴落水(補助の紙)
 
【下準備】
水面になる位置に@を貼ります。貼った後に水を含ませ、
爪などでひっかいて水面のきらめきを表現します。
カワセミの止まっている木はAで形をとりBCで色を整えます。
 
【カワセミ】
Dで形をとり、下貼りにします。
下貼りに合わせ、頭、お腹、背中の色付けをします。
Eを頭の形に合わせてとります。
上からFをちぎり、ハケで形を整えます。
Fの白が多い場合はFの青い部分を、
逆にFの白が少ない場合はNを細かくちぎって貼り重ねて下さい。
頬やあごの白い部分はD、目の横の模様はGで描きます。
目はJ、ハイライトにD、クチバシはHです。
Gを細くとり、お腹の色を付けます。
Eの青部分とFで尾羽を貼ります。
背中から尾羽にかけての水色のラインはEの水色部分を貼り、
上からIを重ねます。翼はEの青部分を貼り、上からFを重ねます。
Kでカワセミ全体の色を整えます。
 
【ガマの穂】
Lで細い葉と茎をとり、Dでガマの穂の形をとります。
Mで色をつけます。上から@をちぎり、下部をぼかします。
 
※本作のカワセミはオスです。
下クチバシが赤いのがメスの特徴です。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。