2021年1月の教材

作品名 作者名 サイズ
大黒さま 前田亜里紗
(本部)
式紙

絵本のようなタッチで、ふっくらとした大黒様を描きました。
七福神の一柱、五穀豊穣、商売繁盛と縁起の良い神様です。
2021年最初の作品にいかがでしょうか。

【使用和紙】
@白の4匁
A淡い緑と白の折染め厚紙
B山吹色と黄色の折染め厚紙
Cオレンジとクリーム色の折染め厚紙
D緑系折染め厚紙
Eペールピンク(肌の色)の無地厚紙
Fオレンジの無地薄紙(典具帖紙)
Gオレンジと朱色の折染め薄紙
H淡い青緑系折染め薄紙
Iこげ茶と茶の折染め厚紙
J黄土色と白の折染め厚紙
K赤とオレンジの折染め厚紙
L紫と淡い紫の折染め厚紙
M茶と黄土色の折染め厚紙
 
【下準備】
@に大黒様の袋以外を写し取り、切り取って下貼りにします。
(帽子と袴の紙は写しづらいので、切り取った下貼りを貼る前に型取りしす。)
Aで袋をあらかじめ貼っておきます。
持ち手は後で足すので、おおまかに丸い形に切り取ります。

【体】
下貼りに合わせて帽子をB、上衣をC、袴をDで貼ります。
上から紙を重ねていくので、おおまかに。
上衣や袴は水切り等で柔らかな線を出します。
袴にかかる上衣の裾は上からCの紙を重ねます。
腕の丸みやお腹等でっぱる部分にもCを丸くちぎって重ねます。
前に出た左側の足の明るい部分にはDの明るい色を丸くちぎります。
FGHで帽子や服の陰を貼ります。
境界のはっきりした部分は紙を折って色を出します。
袋の持ち手部分は@やAの白い部分です。
持ち手を貼ったあとにEで手を貼ります。

【顔】
Eであらかじめ顔を写し、顔の形に取ります。
顔にかかる帽子の縁はCのオレンジ部分を使います。
Eで耳を貼ります。
頬や鼻をEで丸くちぎります。
Gで頬と鼻の赤味をだします。
Jで眉毛とヒゲ、Iで目Kの赤部分で口を作ります。

【小物】
お腹の帯と靴はLです。
小槌はMとBの黄色部分、Kの赤部分です。
手を貼った後に小槌の柄を貼ります。

【仕上げ】
顔の縁や帯にKの赤部分をいれます。
右側の足と接地している所にLの紫部分を細く貼ります。
袋の縁の色付けにDAの緑部分を細く貼ります。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。