2020年12月の教材

作品名 作者名 サイズ
北国の春 奥山睦子
(山形県)
式紙

残雪の残る鳥海山を描いた作品です。
大胆かつ力強いタッチで重厚に描かれています。
空や山の青さの中に雪の白さが映え、コントラストが美しいです。

【使用和紙】
@青系グラデーション染め厚紙
A白の典具帖
B白の厚紙
C水色の無地薄紙
D黄緑の無地薄紙(Oより大きい)
E青系雪しずく染めうす紙
F濃い水色系折染めうす紙
G暗い緑系雪しずく染めうす紙
H薄茶とオレンジの折染め厚紙
I緑系雪しずく染め厚紙
J茶と山吹色の折染め厚紙
K緑系雪しずく染めうす紙
L淡いオレンジと薄黄緑のむら染めうす紙
M明るい緑の無地うす紙
N青の無地うす紙
O黄緑の無地うす紙(Dより小さい)
 
【下準備】
地平線や山等を軽く下描きしておきます。
【空】
山は式紙の地の色を使うので、
@を山の稜線のやや下側に沿って貼ります。
 
【山】
ABで雪を貼ります。上からCDEFで色付けします。
雪の上にも青系の薄紙をかけます。
【森と建物】
山の前にある森はGです。明るい木はLO、
建物はBとHの薄茶部分を使います。
 
【草地】
Iを細くちぎって貼り、上からCIKMを貼ります。
 
【地面】
HとJをおおまかに貼り、上からCEGIKLMNOを貼ります。
色々な紙を貼り重ねることによって重厚感のある絵になります。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。