2020年11月の教材

作品名 作者名 サイズ
みかん 矢野伸明
(本部)
式紙

思わず頬張りたくなるような瑞々しい「みかん」に仕上げました。
初心者の方でも簡単に出来ます。
ちょっとしたスペースや玄関などに飾ってみてはいかがでしょうか?
元気の出るビタミンカラーですので、プレゼントにも大変おススメです。

【使用和紙】
@山吹色〜オレンジ 折染め厚紙
Aオレンジ系 キカイ薄典具吹付染め
Bカラシ色 手漉き春雨落水紙
Cうすレモン色 手漉き春雨落水紙
D白 キカイ漉き春雨落水紙(大判)
E白 手漉き春雨落水紙(小判)
F濃オレンジ 極薄紙
G緑〜黄緑 折染め厚紙
H白 あやとり紙
 
【下準備】
それぞれの位置をある程度決めておきます。
型紙を使い@にそれぞれのパーツを写しとります。
 
【みかん2つ 画面上部】
・一番奥のみかん
 型紙を使い@に写しとります。
その時、染めの明暗を利用すると立体感が出ます。
Aをみかんよりも二回りほど小さく丸くちぎり、
@の染めの濃い所に 貼り、変化をつけます。
次にBを染めの明暗の境目辺りに貼り、C→ Dの順でハイライトをつけます。
・ヘタの部分
 Fをちょっと貼っておき、その上にGを手でちぎって貼ります。
・2つ目のみかんも上記同様に貼ります。
 
【剥きみかん 画面右中央】
・剥いてあるみかんの皮
 主に@の山吹色の部分を中心に使用。
型紙で全体の輪郭線を写しとります。
 皮の内側の白い綿はDやEをちぎり貼ります。
・果実 (玉)
 @のオレンジ色の部分を白のえんぴつで写し取ります。
その時、房の分かれ目(白い筋)も描いておくと良いでしょう。
 窪みの所にFを少々貼っておきます。
 果実に付着している白い筋をD又はEで表現します。
 貼り過ぎない様に注意!
 筋はHの繊維を抜き取り、適宜貼ってください。
・丸くなっている皮の部分3か所
 @の染めの明暗を上手く利用してください。
 その上にAをちぎって貼り、調子をつけます。
 
【手前の房2つ 画面下部】
@の染めの明暗を利用し、透明感を出します。
D、Eで白いわた、Hで筋を入れます。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。