2020年8月の教材

作品名 作者名 サイズ
処暑(ほおずき) 戸高里子
(愛知県)
式紙

勢いのある構図と瑞々しいタッチ。
丁寧で繊細な描写・色使いで描かれた鬼灯が魅力的な作品です。

【使用和紙】
@淡い緑と濃い緑の格子染め厚紙
A黄緑と緑の折染め厚紙
B灰緑の無地薄紙
C薄橙の無地厚紙
D黄色と淡い黄色の折染め厚紙
Eオレンジ系折染め厚紙
F赤味の強いオレンジとオレンジの折染め薄紙
G朱色の無地薄紙
H黄緑と山吹色の折染め薄紙
I緑と黄緑の折染め薄紙
J黄色と淡いオレンジの折染め薄紙
K濃い赤と赤の折染め薄紙
L赤とピンクの折染め厚紙
M白の厚紙
 
【下準備】
茎や袋の位置を軽く下描きします。
 
【茎と葉】
Aで茎を取ります。
茎は右の袋と重なる部分を避けて貼ります。
@で葉を取ります。好みで葉に線香をあて、虫食いを表現します。
BIで陰をつけ、FHKで色を整えます。
 
【袋と実】
上はD右はC左下はEで下貼りします。
FGHIJKで色付けをします。
オレンジ系や赤系の紙を揉んだり、折りをつけながら貼ると風合いが出ます。
袋の筋は指先で細く紙をちぎり、ハケで寄せます。
左下の袋の中の実は、Lでピンクの部分を上にして取ります。
Kで下部に陰を付けます。
実の光っている所はKの赤い部分を貼り、
その上にMを鉄筆のお尻などで小さくちぎり貼ります。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。