2020年7月の教材

作品名 作者名 サイズ
灯ともし頃 小室京子
(神奈川県)
P3式紙

夜に向かう濃紺の海や明かりのぽつぽつと灯る町並み、
遠くにかすむ富士山。
僅かな時間を切り取った幻想的な作品です。

【使用和紙】
@ピンク系雪しずく染め薄紙
A水色とピンクの雪しずく染め薄紙
B淡い黄色系雪しずく染め薄紙
C山吹色とオレンジの雪しずく染め薄紙
D淡い紫系折染め典具帖紙
E淡い紫系折染め厚紙
F水色と白の折染め薄紙
G暗い紫の無地薄紙
H紫系の雪しずく染め薄紙(大判)
Iグレー系折染め厚紙
J黒の雅染め典具帖紙
Kグレーの雅染め典具帖紙
L淡いグレーの雅染め典具帖紙
M灰緑と暗い紫の雪しずく染め薄紙
N青系雪しずく染め薄紙
O淡い紫の無地春雨落水紙
P黄色とオレンジの格子染め厚紙
 


富士山と江ノ島を描いた作品です。(イ)は富士山、(エ)は江ノ島です。
 
【下準備】
空と海の境目になる水平線と、山や島の位置を決めておきます。
 
【空と富士山】
(ア)に@を貼ります。上からAを重ねます。
@Aは波にも使用します。
(イ)をDで型取りしEと重ねて鉄筆で取ります。
空の色合いを見ながら、BやCを貼ります。
 
【丘】
(ウ)は下が濃い色になるようにIを貼ります。
上からMやHを重ねます。
(暗い街の陰はIの地色を使うので、MHは上側だけに貼ります。)
 
【江ノ島】
(エ)もIを貼り、上からMやHを重ねます。
(エ)と(オ)の境目にIの淡い部分を貼ります。
画面中央、(エ)と(ウ)を繋ぐ水平線上の陰はMやGです。
【海】
(カ)にFを貼ります。
その際(カ)との境目を少しはみ出すようにします。
上からGを重ね、さらにHで整えます。
【浜と波】
(カ)にJとKを重ねて貼ります。
MやLで色を整えます。
(カ)上部の浜より少し高い部分は防波堤です。
(ウ)と(カ)の境目にIの淡い部分を貼ります。
波は@ANOや余った薄紙を細く裂いて乗せます。
浜辺の白い波はFの白部分をちぎります。
【仕上げ】
Pをハサミで細かく刻み、街明かりを描きます。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。