2020年5月の教材

作品名 作者名 サイズ
ほたるぶくろ 池田敏子
(新潟県)
式紙

釣鐘型の花が愛らしく、リズミカルに配置されています。
落ち着いた色合いのバックに白い花が上品な仕上がりになっています。

【使用和紙】
@灰緑とピンクの折り染め厚紙
A白の3匁
B白の5.5匁
C淡いピンクと淡い黄色の折染め薄紙
D淡い黄緑系のむら染め薄紙
E赤紫系の雅染め典具帖紙
F淡い黄緑の無地典具帖紙
G白の雲竜紙
H白の典具帖紙(極小判)
I白の薄紙
J濃い青緑と緑の格子染め厚紙
Kカーキ色と緑と青緑の三角折り染め厚紙
L黄緑と淡い黄緑の折染め厚紙
M黄緑と水色の格子染め厚紙
N緑系折染め薄紙(やや厚め)
 
【下準備】
枝や花の位置を軽く下描きします。
@を細く裂き、茎を貼ります。茎の色が暗く感じる場合はCを重ねます。
 
【 花 】
右上上部の花二つ、重なった花びらの下側をAでとります。
上からBを重ねます。
他の花はBを鉄筆で取ります。
鉄筆の線だけではかたくなってしまうので、
上からA、H、Iをちぎって重ね、花びらの柔らかな表情をだします。
花びらの筋はGの繊維を引き抜きます。
CDEFで、花の色付けをします。
 
【 葉 】
JKLMを使います。ちぎりやすい繊維の方向がある紙なので、
カーブが難しいと感じたら、鉄筆で跡を付けてください。
色とバランスを見ながら貼っていきます。
翻った葉の裏側は、Nの端を折り、はっきりとした線をだします。
上からN、D、Fをちぎり、色を整えます。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。