2019年12月の教材

作品名 作者名 サイズ
春蘭 岡野由利子
(岡山県)
式紙

春の山野に可憐に咲くお花です。蘭という花のイメージからすれば控ええ目な佇まいですが、
可愛らしく可憐な雰囲気から古くから多くの人に愛されています。
待ち遠しい春を感じる作品です。

【使用和紙】
@紫と緑の絞り染め厚紙
Aベージュの無地典具帖紙
B淡い紫とベージュの折染め薄紙
C青緑の無地典具帖紙
D明るい黄緑の無地典具帖紙
Eベージュの無地厚紙
F黄緑系折染め厚紙
Gピンクと白の絞り染め厚紙
計8枚
 
【下準備】
葉や花、地面の位置を決めておきます。
地面にAをちぎります。
 
【茎と葉】
メインになる花の茎をEで細くとります。
所々についている薄い膜(鱗片)の位置に印をつけておきます。
右側の茎は、下に葉を貼るので、のりは下半分にだけつけて貼ります。
まずCを鉄筆で切り、毛羽を綺麗に整えて貼ります。
鉄筆はできるだけ寝かせて使うと引っ掛かりません。
貼り終えたら先に貼っておいたEの紙を上までのりをつけしっかりと貼ります。
他の葉は@を鉄筆で切ります。
長い葉から貼っていくとバランスが取りやすいです。上にDを所々にかけます。
茎の鱗片をBで貼ります。
上からDで色を整えていきます。地面にもBをちぎって雰囲気をだします。
 
【花】
3つの部分で構成されています。
プロペラのような3枚の萼片。
その萼片とほぼ同形、同色の側花片。
そして紫の斑点のあるピンクの唇弁。
Fで萼片をちぎり、Cで陰をつけます。
唇弁はGをちぎり、@の紫色を鉄筆の先で点をつけます。
その上にある側花弁はFの明るい色のところをちぎります。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。