2020年4月の教材

作品名 作者名 サイズ
まどろみ(猫) 前田亜里紗
(本部)
式紙

ひなたぼっこをしている可愛い猫の教材です。
猫の柔らかな手触りをイメージし、
あたたかみのある作品に仕上げました。

【使用和紙】
@アイボリーの無地厚紙
Aアイボリーの無地典具帖紙
B淡い茶とグレーのむら染め典具帖紙
C淡い黄土色の無地典具帖紙
D淡い紫系むら染め典具帖紙
E焦げ茶とグレーのむら染め典具帖紙
F濃焦げ茶とグレーのむら染め典具帖紙
Gサーモンピンクの無地典具帖紙
Hサーモンピンクの無地厚紙
I濃ピンクの無地薄紙
J黄色の無地春雨落水紙
K黄緑系むら染めの無地春雨落水紙
L黄色と白の折染め厚紙
 
【下貼り】
@で猫の形をとります。顔や手、しっぽなどを写し取っておきます。
 
【猫・顔】
鼻筋や口元(髭ぶくろ)などのふくらみがあるところに@を貼り、
Aでなじませます。
耳の濃い部分にEFを貼ります。
顔の模様は、耳から続く濃い色を馴染ませるようにCDを重ねます。
上からBを重ねます。Aで色を調整します。
耳の中はG、毛は@やAを使用します。
Eを細く裂き、ハケで寄せて目を作ります。
@を細く切り、ひげを作ります。
Hで鼻を作り、口元はBを細くちぎって貼ります。
Iを細くちぎり、首輪を作ります。
 
【猫・体】
胸の毛の流れに合わせて@を貼ります。
前足の上、毛のふわふわを表現したい部分にも使用します。
背中の濃い色の部分にEFを置き、BCDGを上から重ねます。
前足の隙間やしっぽの際、首元にCDを貼ります。
尻尾は先端から半分ほどにDを貼り、上からEFを重ねます。
 
【仕上げ】
地面にJKを貼り、Lの黄色と白部分で蝶と花を貼ります。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。