2020年3月の教材

作品名 作者名 サイズ
ラベンダーの丘 飯田香久子
(神奈川県)
SM

絵本の一頁のような、牧歌的な風景画です。風と戯れるラベンダー、
遠くに見える赤い屋根の家がどこか物語を感じます。
初心者の方も、気負わずに楽しく貼れる風景画です。

【使用和紙】
@淡い水色系ぼかし染め薄紙
A黄緑系折染めもみ紙
B緑系むら染め薄紙
C白10匁
D白檀紙
E黄色無地厚紙
F紫無地典具帖紙
G濃い緑系雪しずく染め薄紙
H紫と白ムラ染め春雨落水紙
I青紫と水色ムラ染め春雨落水紙
J緑系折染め厚紙
K濃い青系雪しずく染め薄紙
L緑むら染めあやとり紙
M濃い紫大穴落水紙
N濃い緑無地薄紙
O朱色無地厚紙
Pグレー網目落水紙
Qベージュ系絞り染め厚紙
計18枚
 
【下準備】
全体を軽く下描きしておきます。@を折り、
両端の水色を重ねて空の色を出します。
その際、下側の紙を少し下にずらします。
色の濃い部分を上にして画面の3/2ほど貼ります。
(白の部分は貼りません。)
 
【 丘 】
形がとりにくい場合は、空に使った@の紙の余った白い部分を写し紙に使います。
(ア)…Aを丘の形にとります。上からBを二枚重ねます。
更に同じ紙をちぎり、色を調整します。
(イ)…Cを使い鉄筆などで形をとります。貼ったCの上にD、E、Fを重ねていきます。
Dは薄く剥いで使います。
(ウ)…Gをベースに貼ります。K、Fの順で重ねます。
上から色を見ながらH、Iをちぎります。
落水紙の毛先を同じ方向にハケや指で整えて風を表現しましょう。
(エ)…Jで形をとります。鉄筆は強くあてずに、ちぎった柔らかな線を表現しましょう。
下貼りの上を少し空け、Kを重ねます。

 

【仕上げ】
ラベンダー…Lの長い繊維を抜き、先に茎を貼っておきます。
同じ紙を小さくちぎり、葉を作ります。
Mを一つ一つ花の形に小さくちぎり、毛先を整えます。
(紙を二つに折り、爪の先でちぎるとラベンダーの花がとれます。)
木…ラベンダー畑の木はGをろうそく形にちぎります。
上からNを重ねます。家の近くの木は@の明るい色をろうそく形にちぎり、Nを重ねます。
家…鉄筆を使い、Cを家の形にとります。
上からOで屋根を作ります。窓はPをハサミで切ります。道はQを細く裂きます。


この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。