2020年1月の教材

作品名 作者名 サイズ
葉牡丹 美藤慶子
(兵庫県)
式紙

お正月の門松や生け花におなじみの葉牡丹です。
鮮やかな色合いが冬の花壇を彩る人気の植物です。
ちぎって重ねて楽しく作れますので、
初心者の方にもおすすめの教材です。

【使用和紙】
@濃緑の絞り染め厚紙
A赤紫系のぼかし染め厚紙
B濃い赤紫と紫の折染め厚紙
C白の厚紙
D白とピンクの折染め薄紙
E濃淡赤紫の折染め薄紙
F小豆色と濃ピンクの折染め薄紙
G小豆色の無地薄紙
H淡い黄色のむら染め薄紙
I黄土色と黄色の折染め薄紙
J濃緑の無地薄紙
計11枚
 
【 下 図 】
二つの葉牡丹の中心の位置と輪郭線を薄く描いておきます。
複雑で細やかな曲線が多いので鉄筆に頼ることが多くなります。
力を加減して、毛羽の出る柔らかな表情の線を所々出すようにし、
その際、硬い線ばかりにならぬよう気を付けてください。
 
【右の葉牡丹】
一番下の層を@で貼ります。Aの白い部分を細くハサミ
 で切り葉脈にします。その上にDEを重ねて色を付けます。
二層目は主にBで、Aも二枚ぐらいは使うのもいいで しょう。
陰の色や調整はEFです。
次の層から中央まではAです。
色の染まり具合で一度に一枚の葉が取れない場合は、
分割して取り組み合わせてください。
陰の色や調整はEFで。一番中心部分は細くちぎって
カーブをつけたものも使ってもいいでしょう。陰の色は
 FGです。
 
【左の葉牡丹】
下の層から@で貼って行き、重なる部分の陰影はJを 少々。
二層目は@の白の多いところやCで。HIで色味をつけます。
次の層から中心部分まではACで。
Aは白と赤紫色のバランスを見ながらとる場所を選びましょう。
AにもCにもDEで柔らかな色の表情を付けていきます。
その際、毛羽がよじれたり、固まったりしないよう、
きれいに貼って下さい。

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。