2020年1月の教材

作品名 作者名 サイズ
桜富士2020 鈴木照子
(宮城県)
式紙

シックな無彩色の背景に映える富士と桜吹雪が、
なんとも上品な作品です。日本画のような雰囲気で、
縁起の良い題材であり、これから春に向けてぴったりです。

【使用和紙】
@白の厚紙
A青系の雪しずく染め薄紙
B白の薄紙2種
 (特大判の極薄紙と小判の超々極薄紙)
C淡い青紫と水色の折染め薄紙
D水色の無地薄紙
Eピンクの無地大穴落水紙
F淡い桜色の無地大穴落水紙
Gサーモンピンクの春雨落水紙
Hサーモンピンクの折染め薄紙
I濃いピンク系吹付け染めの大穴落水紙
計11枚
 
【 山 】
@を山の形に下貼りします。山裾の長さは、
上から貼るAより 短めくらいです。
底辺は鉄筆で切ると雲海と馴染まないので、
手でちぎります。(ちぎりにくい場合は水切りします。)
下貼りした山に合わせてAを貼っていきます。
山の左右の稜線を先に貼り、中央に向かって貼っていくといいでしょう。
染めの流れの方向に長くちぎり、片側は折ったり、
折らないでちぎったそのままを貼ったりします。
あまり細くちぎると雪しずくの染めが潰れてしまうので、
気を付けましょう。
山が貼れたら@で頂上の雪を貼ります。
Bを使い、雪と山肌の境界をぼかします。
Hで雪に色を入れます。
 
【雲海】
@やBを細くちぎり、Aの色(稜線の下の端)をぼかしていく
ように貼っていきます。
うに貼っていきます。画面下方は式紙の色をそのまま残します。
陰にCDをいれます。
所々Hを入れていきます。
 
【 桜 】
EFGHを使い桜の花を貼ります。落水紙の穴が潰れない様に
重ね貼りはせず、さらっと貼りましょう。
EFIをハサミで細かく刻み、散らします。

 

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。