2018年10月の教材

作品名 作者名 サイズ
小さな秋 飯田香久子
(神奈川県)
SM

4種類の雪しずく染めの重ね具合で思い思いの風景に仕上げる事が出来る作品です。
枯れ葉には深い色合いの草木染めを使用しています。
○式紙・・・SM【白】
○和紙・・・厚紙5種、薄紙5種(6枚)、落水紙2種、雲竜紙1種、
合計13種類(14枚)。

(下 図) 木などの大まかな位置を決めます。
( 空 ) 黄色とオレンジの雪しずく染め超々極うす紙2種と
      ピンクの極うす紙を重ね色を調整し貼ります。
      ※薄紙の重ね方で空の色の出方を調整しましょう。
(地 面) 黒の厚紙を大きく貼ります。
      その上に、落水紙2種をちぎり貼り色を整えます。
( 樹 ) 黒の厚紙を鉄筆で跡をつけ水切りし貼ります。
      その上に、暗い緑と紫の雪しずく染め超々極うす紙
      (2枚入っています)と
      緑の雪しずく染め超々極うす紙、
      必要に応じて黒の雲竜紙をちぎり貼ります。
      夕日の当たっている部分は、
      黄色とオレンジの雪しずく染め超々極うす紙2種の
      オレンジの部分をちぎり貼ります。
      細い枝は、黒の雲竜紙の繊維をちぎり貼ります。
      小さい葉は、緑系の落水紙をちぎり形を
      整えて貼ります。
( 葉 ) ぼかしの入った茶色系厚紙3種をちぎり、
      線香で焼いて貼ります。
      葉脈は、染めを活かすか、
      上記の茶色系厚紙の暗い部分を細く
      ハサミで切り貼ります。
(どんぐり)茶色無地の厚紙を鉄筆で切り貼ります。
      どんぐりの帽子部分は、ぼかしの入った茶色系厚紙
      3種よりグレー系の部分を選んで、
      鉄筆で切り貼ります。
      夕日の当たっている部分は、ピンクの極うす紙を
      ちぎり貼ります。


(立花)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。