2017年12月の教材

作品名 作者名 サイズ
赤いマフラー 矢野伸明
(本部)
式紙

人物画を描く際の参考になればと思います。

(式 紙) 箔吹付け【淡い紫系灰色】
      ※印刷手本と少し誤差があります。
(和 紙) 厚紙4種、薄紙5種、雅染め紙1種、落水紙1種、合計11種類。
(全 体) 白極うす紙を写し紙として使います。それに、輪郭、帽子、髪、手袋、マフラーを鉛筆で絵取ります。
      その写し紙を白10匁の上に乗せ、輪郭を鉄筆で切り取り貼ります。
      (写し紙をそのまま白10匁の上に貼り付けると後の作業が楽です)
( 顔 ) 肌のベースの色と陰には、うすオレンジ手漉き典具帖紙を使います。
      それに、歯以外の輪郭、目、眉毛を写し切り取り貼ります。
      ※肌の色の濃さが足りない場合は、もう1枚重ね貼ります。
      鼻、頬、あごの陰には、さらにうすオレンジ手漉き典具帖紙を貼ります。
      頬、唇は、ピンク格子折染め超々極うす紙を少々貼ります。
      頬のハイライトは、白10匁を鉄筆のお尻で引っ張りちぎり貼ります。
      眉毛は、こげ茶手漉き典具帖紙をほんの少しちぎり、毛羽を利用して貼ります。
      まぶた、瞳は、こげ茶厚紙をハサミで切り貼ります。瞳のハイライトには、白10匁を貼ります。
( 髪 ) こげ茶手漉き典具帖紙をちぎり貼ります。
      ※帽子のラインに、はみ出さない様に貼りましょう。
(手 首) 顔に使用のうすオレンジ手漉き典具帖紙を貼ります。陰の所は、同じ和紙を重ね貼ります。
(マフラー)赤厚紙をちぎり貼ります。赤〜オレンジ折染め超々極うす紙で陰影をつけます。
(帽 子) ピンク系雅染め典具帖紙で陰を貼り、その上に白手漉き春雨落水紙をちぎり重ね貼ります。
      飾りのセイヨウヒイラギは、赤厚紙、緑濃淡折染め厚紙の2種を鉄筆で切り貼ります。
(手 袋) 帽子と同じ。
( 雪 ) 白手漉き春雨落水紙をちぎり貼ります。

(高見)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。