2017年8月の教材

作品名 作者名 サイズ
彼岸花の咲く頃 金築斐那子
(島根県)
式紙

のどかな田園に咲く真っ赤な彼岸花がモチーフです。真っ白な蕎麦の花畑は真っ赤な花を鮮やかにさせるなど、色調のまとめ方や簡略化の描き方を学ぶことができます。


〇式紙・・・角窓【薄い緑色】
〇和紙・・・厚紙12種、薄紙6種、落水紙2種、桑紙1種、雅染め紙1種、合計22種類。


 (青色無地極薄紙)を貼る。


左右全体の山を(緑系濃淡ぼかし染め厚紙)を貼る。
左奥の山は、(青色無地極薄紙)を重ね貼る。
右の山は(緑、深緑系折染め超々極薄紙)をちぎり重ね貼る。


(白5.5匁)(茶系手絞り染め厚紙)をハサミで切り貼る。


全面に(緑系濃淡ぼかし染め極薄紙)の淡い緑色を貼る。
※全面に貼った後、畦道を描く。
奥の畑は(淡いベージュ、黄緑系むら染め極薄紙)を貼る。
真ん中の畑は(黄土色雅染め紙)を貼り重ねる。
蕎麦の花畑は(緑系濃淡ぼかし染め極薄紙)の濃い色をちぎり重ね貼る。
(淡い緑色吹付け手漉き春雨落水紙)(白手漉き典具帖紙)(白中厚手漉き典具帖紙)をちぎり重ね貼り、(白5.5匁)をハサミで細かく刻んで貼り付ける。
畦道は(緑系濃淡ぼかし染め極薄紙)の濃い色をちぎり貼り、(赤色顔料染め手漉き春雨落水紙)をちぎり貼る。
右下の畦道は(桑紙)をちぎり貼る。
稲、稲架(地方により呼名が異なります)
稲は(茶系手絞り染め厚紙)をちぎり、ハサミで細かく切り込みを入れ貼る。
稲架は(紫系濃淡折染め厚紙)をハサミで細く切り貼る。

彼岸花
花は(赤色ぼかし染め厚紙3種)をちぎり貼る。
蕾は(朱赤系絞りぼかし染め厚紙)を鉄筆で切り貼り、(赤色無地超々極薄紙)をちぎり重ね貼る。
茎は(緑、赤茶系ぼかし染め厚紙)を細く切り貼る。
花茎は(黄緑系濃淡ぼかし染め厚紙)をちぎり貼る。
おしべは(赤色ぼかし染め厚紙)をハサミで細く切り貼り、(黄色、淡い黄緑系ぼかし染め厚紙)を【鉄筆】や【ミニ刷毛】のお尻で押さえてひっぱりちぎり、先端に貼り付ける。

(高見)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。