2017年7月の教材

作品名 作者名 サイズ
夕映え 高見嘉之
(本部)
式紙

夕景はちぎり絵でも人気のモチーフです。
この作品のモデルは、「出雲日御碕灯台」の夕景です。灯台としては、日本一の高さを誇ります。
夕方の空をよく観察し、色々な夕景に挑戦してみてはいかがでしょうか。
※今年の4月に、島根半島西端の出雲地方の夕日が「日が沈む聖地出雲」として日本遺産に認定されました。日御碕灯台の夕景もその一つです。
〇式紙・・・無地【水色系】
〇和紙・・・厚紙5種、薄紙9種、合計14種類。

下図
水平線、岸壁、灯台などの位置を描いておく。

 (水色段染めぼかし極薄紙)を空上2/3辺りまで貼る。残りの和紙で、空上1/3辺りを重ね貼る。
 (ピンク系雪しずく染め極薄紙)を下1/3辺り前面に貼る。
 ※少し斜めに貼るのがポイント。

 (ブルー系ぼかし染め極薄紙)を貼る。

 (灰味茶系もみむら染め紙)をちぎり貼る。
 (黄色系濃淡ぼかし染め超極薄紙)(深緑系雪しずく染め超々極薄紙)(淡いオレンジ系むら染め超極薄紙)をちぎり重ね貼る。
土、草むら
 (薄茶系むら染め厚紙)を下地に貼る。
 (緑系雪しずく染め極薄紙)(黄色系濃淡ぼかし染め超極薄紙)(深緑系雪しずく染め超々極薄紙)(淡いオレンジ系むら染め超極薄紙)をちぎり重ね貼る。

 (淡いクリーム無地厚紙)で全体を写し、(水色系濃淡ぼかし染め厚紙)の上に重ね、一緒に切り取り、両方を貼る。
※(水色系濃淡ぼかし染め厚紙)が下地になります。
 下部は(濃いグレー系もみむら染め紙)を鉄筆で切り重ね貼る。
 (淡い青グレー系無地超極薄紙)(黄色系濃淡ぼかし染め超極薄紙)をちぎり重ね貼る。
灯台
 (淡いクリーム無地厚紙)で灯台を写し、(水色系濃淡ぼかし染め厚紙)の上に重ね、一緒に切り取り両方を貼る。
※(水色系濃淡ぼかし染め厚紙)が下地になります。
 (淡い青グレー系無地超極薄紙)(淡い水色、淡い青緑系折染め超極薄紙)(黄色系濃淡ぼかし染め超極薄紙)をちぎり重ね貼る。
 隣接する建物も同様の手順で。
 内部の天井は(濃いグレー系もみむら染め紙)を鉄筆で切り貼る。
 凹部分と柵は(濃いグレー系もみむら染め紙)を細長く切り貼る。

(高見)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。