2016年12月の教材

作品名 作者名 サイズ
水仙 萩村元子
(茨城県)
式紙

品種の異なる水仙をモチーフに、色々な角度から観察し制作した作品です。特に、花の向く方向に着目して頂き、花びら、副花冠(ラッパ状の飛び出した部分)を貼ることがポイントです。
〇式紙・・・扇面内パール【黄緑系】
〇和紙・・・厚紙7種、薄紙6種、落水紙2種、合計15種類。

下図
 大まかに茎、葉の位置などを描く。

 <灰緑、青グレー系折染め><青緑系濃淡折染め><灰緑系折染め>厚紙3種を貼る。

<黄緑系濃淡折染め><灰緑系折染め>厚紙2種を貼り、<青緑、黄緑系折染め><薄茶系無地>超極薄紙2種を重ね貼る。
【黄色水仙】
花びら、副花冠・・・<黄色濃淡折染め>厚紙を貼り、<オレンジ系濃淡折染め><茶、赤茶系折染め><黄土色無地>超極薄紙3種を重ね貼る。
 副花冠の外周は<黄色系むら染め>春雨落水紙を貼り、ハケで整える。
 おしべ、めしべ・・・<黄色濃淡折染め>厚紙を貼る。
【白色水仙】
 花びら・・・・・・・・<白10匁>を貼り、<淡い黄色無地><青緑、黄緑系折染め>超極薄紙2種を重ね貼る。
 副花冠・・・・・・・・<淡い黄色系濃淡折染め>厚紙を貼り、<淡い黄色無地><青緑、黄緑系折染め><茶、赤茶系折染め>超極薄紙3種を重ね貼る。外周は、<オレンジ系濃淡折染め>春雨落水紙を貼り、ハケで整える。
おしべ、めしべ・・・<淡い黄色系濃淡折染め>厚紙を貼る。

(高見)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。