2016年5月の教材

作品名 作者名 サイズ
海月 倉澤晴美
(栃木県)
4F式紙

「幻想の世界」をテーマに、ゆらゆらと漂うクラゲを表現しています。クラゲたちに関連性をつけるだけでなく、水の動き、気泡までの一連の繋がりを持つ奥深い作品です。どの様に関連性を持たせているのかをよく観察し研究しましょう。

〇式紙・・・F4レザック【青紫】
〇和紙・・・薄紙8種、雲竜紙1種、落水紙1種、合計10種類。
〇下図・・・クラゲ、水の動きを大まかに描く。
○水の動き・・・左下、右下に、【緑色無地】【薄緑、ブルー系折染め】超極薄紙2種を細くちぎり貼る。
〇クラゲ・・・口腕→触手→傘の順。クラゲは、小→中→大の順に貼る。
○口腕・・・【白アミ目】落水紙をちぎり貼る。
○触手・・・【緑系雪しずく染め】【緑色無地】【白】【濃い紫、ピンク系折染め】超極薄紙4種と【水色雪しずく染め】【淡い水色無地】超々極薄紙2種をそれぞれ細くちぎり貼る。
※鉄筆で軽く切り裂き、ちぎることをお薦めします。もちろん、他の方法(水切りなど)でも構いません。
貼る際は、少しずつ曲げながら貼り、刷毛で寄せて整えます。細い線は、【白】雲竜紙の繊維を細く鉄筆で裂き貼る。
○傘・・・触手で使用の薄紙6種と【濃い水色無地】【薄緑、ブルー系折染め】超極薄紙2種をちぎり貼り、刷毛で整える。
○気泡は・・・【緑系雪しずく染め】【濃い紫、ピンク系折染め】【濃い水色無地】【薄緑、ブルー系折染め】超極薄紙4種をそれぞれ折り重ね(じゃばら折・巻き折)、鋏で丸く切り貼る。輪は、指の上で丸く形を整えてから貼る。                

(高見)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。