2015年9月の教材

作品名 作者名 サイズ
秋色の小径 白神美幸
(岡山県)
式紙

作者のご家族にとり大切な思い出の建物(お嬢様がここで結婚式を挙げられたそうです)を入れて、爽やかな秋を描かれました。水彩画のような透明感のある作品です。落水紙は便利な素材ですが、使わなくても風景は描けるということも学びましょう。

◯淡彩スケッチ風に仕上げるため、式紙(レザックという名称です)の天地左右を余白として残しましょう。道も式紙そのままで。

◯芝草地・・・大判の淡い灰緑系折染め薄紙を、白鉛筆で写し、鉄筆で切って貼る。その際、建物の石垣部分も含めます。

◯建物・・・淡い紫系2色折染めで写して、白スダレ落水紙の上に重ねて鉄筆で切り、重ねたまま貼る。石垣部分は雅染め典具帖を貼る。灰紫系折染め厚紙で屋根の逆V字部分を貼る。屋根のカワラ部分は、厚紙の雅染めに淡いグレー薄典具帖を重ねる。
入口部分とランプや手すりも、灰紫系折染め厚紙です。
入口部分の貼り方の一例として-----
濃い青紫系折染め極薄紙で入口全体のアーチ形を写し、灰紫系折染め厚紙の上に重ねて鉄筆で切り、重ねたまま貼る。
次に、厚紙だけで少し小さなアーチ形に切ったものを貼り、さらに濃い青紫折染め極薄紙でドア部分にあたるアーチ形に切ったものを貼る。最後にこの色で全体の上の方や左側の方にちぎったものを少し貼る。
ランプは、ハサミか鉄筆でこの形に切ったものを貼り、黄色をちぎって乗せる。

◯林や木立・・・建物右奥の林は、緑系雪しずく染めと、黄緑と淡いオレンジのむら染め超極薄紙をちぎって貼る。その上や建物の上などに、淡いオレンジ系むら染めをちぎってぼかすように貼る。
建物の左上の枝や、手前の木立の幹や枝には、濃茶とグレーの折染め厚紙。右奥の木立の幹や枝には、淡い茶系折染め。
葉はオレンジ系夢幻染め(ドーサに染料です)薄典具4種と、先ほど使った淡いオレンジ系むら染めで。淡い色から濃い色へと、小さくちぎったものを重ねていきましょう。                            

(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。