2015年6月の教材

作品名 作者名 サイズ
富嶽一景 宮崎健二
(本部)
式紙

昨年の8月教材「月見草」が出た時、ふと昔読んだ太宰治の短編『富嶽百景』を思い出しました。「富士には、月見草がよく似合う。」という一節です。これを自分流に解釈してイメージを膨らませ、作品に定着してみました。したがってこの作品は、実景を写生したものではありません。心に浮かんできたものを絵にしたものです。(作者)

◯下図・・・ ポイントになる線を描く。

◯空・・・ 式紙の色そのままを活かす。

◯山・・・ 青無地厚紙と、濃い青と鮮やかな水色の折染め極薄紙で。
厚紙で山全体の形に切り、貼る。両脇の稜線と頂上を鮮やかな水色で縁取るように貼る。細く自然な線にするには、定規を使って両側を水切りした細いものを更に折るとか、片側を水切りして反対側はハサミで切るなどの方法で。その他の山ひだは、鮮やかな水色と濃い青の両方があるところを使ったり、濃い青のみをちぎったりして表情を付けて下さい。

◯湖・・・ 青系濃淡折染め超極薄紙で。濃い方を先に一枚大きく貼り、その上に淡い方を2枚重ねる。山使用の鮮やかな水色を、ひとすじかふたすじ貼って、残りの湖用の紙をちぎって重ねて下さい。あとで乾いてから鉄筆でスジを付けましょう。

◯地面・月見草の群生・・・ 地面は原画通りに、もみむら染めを裂くようにちぎって貼っていく。貼り残した式紙の青が所々出ていてもかまいません。
月見草の群生は、黄色と緑系のむら染め、黄無地、黄色と緑の折染めで。茎はこの緑の他に、厚紙の白と緑絞り入り折染めも少々使う。
地面に色を加える。雅染め、月見草群生に使ったむら染め、黄土色の濃淡折染めなどで。

◯月見草・・・ 茎と葉は厚紙2種(白と緑絞り入り折染め、緑系折染め)。花は黄色系折染め2種で。

※ 「月見草」として表記しましたが、植物学上はオオマツヨイグサなどの種類の花です。原画制作のイメージを大切にして、「月見草」として扱いました。
                                  

(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。