2015年5月の教材

作品名 作者名 サイズ
花のセレナーデ 高野喜久江
(広島県)
式紙

花に細い縁取りが施されて、個性的で洒落た効果が生まれています。「和紙で描く絵画」としてのちぎり絵ですから、こんな表現方法も、また新たな可能性を秘めていますね。
「セレナーデ」とは、「小夜曲」とも訳される音楽用語です。ロマンチックなイメージを感じていただければよろしいと思います。

◯式紙・・・新作です。肌合いも色調も趣がありますね。

◯花器・・・花を引き立て、全体の色合いと調和をとるために、控え目な色が選ばれています。花や葉で隠されている部分を考慮して形と大きさを決めて下さい。(ちなみに、タテの長さは7cmくらいかな。)貼る際、傾かないように注意しましょうね。アミ目落水紙で少し丸みを付けて、濃紺と薄紫2色折染め超極薄紙を少し貼ります。

◯葉・・・ハッキリとした形の葉はそのように。それ以外は適当にちぎって埋めるように貼る。暗がりの部分には花器使用の濃紺超極薄紙を重ねる。

◯花
    濃いピンク系絞り入り折染め⇒⇒ 左端の花と右の紫の花の上にチラッと見えている花に。
    淡い黄とオレンジ折染め⇒⇒ 左から2番目の花に。
    濃い黄色絞り入り折染め⇒⇒ 中央の花と右端の花に。
    濃い赤紫絞り入り折染め⇒⇒ 右側の花2輪と蕾に。
花びらを貼り重ねて、ひとつの花の形になったら、白雲龍紙の繊維を抜き縁取りしていきます。繊維は、少し水で濡らすと細く裂けやすく、またしなやかで取り扱いやすくなります。縁取りをしてから、薄紙で花の中の方に色の調子を付けていきましょう。花心は、白雲龍紙の地の部分を小さくちぎり、指先で小さくまとめて押さえるように貼り、葉や花用の厚紙を鉄筆の先で押さえて引っぱり、小さい点をつけましょう。

(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。