2015年5月の教材

作品名 作者名 サイズ
水辺のアルバム 竹井 莅
(岡山県)
式紙

素敵な物語が思い浮かぶような光景ですね。原作者の心のアルバムにも、大切な記憶が、栞のようにそっと挟まれているのでしょう。
この作品は、ちぎり絵に使う幾種もの和紙それぞれの特徴を熟知された上で、どなたにも巧く簡単に描けるよう工夫されています。

◯下図・・・ポイントになる線を、やや濃いめに描いておく。特に手前の柵の線です。

◯水面(バック)・・・水色系3種(大判)と、白1種(中判)で。まず画面全体に、濃い水色無地染めをシワを寄せて貼る。紙の両端を両手でつかみ、シゴクようにシワを寄せ、画面上端のみ糊付して、この紙を広げながら同時に新たにシワを作りながら、糊の付いたハケで上から押さえながら貼っていく。ほぼ1枚全部使うぐらい、画面下端まで貼る。
次は、画面を横3分割して貼る。上1/3と下1/3に貼るのは、水色濃淡折染め超々極薄紙。画面の左右両側に淡い色が、中の方に濃い色が来るようにして、やはりシワを寄せながら貼る。使う紙の量はどちらも1/3ぐらいづつです。
次は、残りの画面中央1/3に、淡い無地染め超々極薄紙をシワを寄せて貼る。使う紙の量は、この紙の1/3ぐらいです。
以上2種の紙の残りは、あとで仕上げに水面の表情をさらに出すために使います。
最後に白の超極薄紙を、おおまかに細長くちぎったものをシワを寄せて、中央部分の所々に貼る。
お手本と全く同じにならなくてもかまいません。肝心なのは、水面の表情や透明感を出すことですから・・・ネッ!

◯草地・・・土などのベースになるのは、濃い灰青と灰緑2色折染めの薄葉紙です。草はあやとり紙。水で湿らせるとほぐしやすくなります。あと茶系春雨落水紙2種も少々貼る。水面に映る影は、ベース使用の灰緑で。この紙も水で湿らせてちぎると毛羽が出ます。

◯柵・・・厚紙の手絞り染め。杭を全部先に貼って、横棒を貼る。杭の上(切り口)は4匁白で。水中部分や柵の影は、草地のベースに使った灰青で。仕上げに、水面使用の残りの紙を適宜に貼って透明感を出す。

◯鳥・・・白鷺でしょうか。5.5匁でも形を写すことが出来ますが、白極薄紙で写して5.5匁に重ねて鉄筆で切るのもいいでしょう。水面の残りの紙で陰影を付けて、4匁をちぎって少し貼り、フワッとした感じを出します。脚は草地のベース用の灰青をハサミで切って。鳥の水面に映る影を貼って、完成です。

(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。