2015年3月の教材

作品名 作者名 サイズ
鉄線花 秦 澄子
(広島県)
式紙

針金のように細く強い蔓状の茎を持っているために名付けられた「鉄線(花)」。中国原産で日本へは桃山時代に渡来したそうです。花びらに見えるのは、実はガク片が変化したもので、6枚です。他に似た花で8枚のものがあり、それは「風車」という名で日本原産のものです。
「鉄線花」も「風車」も共にヨーロッパに渡り、品種改良が重ねられて多様な「クレマチス」へと生まれ変わりました。
白銀を背景に、花も葉も蔓も舞うような典雅な趣のある作品です。

◯花・・・本当はガク片ですが、便宜上「花びら」と呼びますよ。
花びら用に、厚紙絞り入り折染めと、同色の絞り入り折染め極薄紙を使います。極薄紙は補充として必要であれば使って下さい。また、絞りの染めが白と入り混じり、とてもいい感じですから、原画通りではありませんが、この部分を積極的に活かすのもいいでしょう(特に花びらの先の方に)。
花びらの元の方や花の中央部分の暗がりと、花びらの細いスジ模様は、濃い赤紫とピンクの折染め超極薄紙で。スジ模様はピンクの方を出来るだけ細くコヨリ状にします。
花心(本当はこれが花!)は、白と黄、それぞれ春雨落水紙で。細い白の線は、落水紙をほんの少し抜くようにちぎり、細くコヨリ状にします。また、花びら用厚紙の白い部分をハサミで細く切ってもよいです。この白い部分は細かく刻んで散らすのにも使いましょう。

◯茎(蔓)・・・少し薄めの厚紙で、三角折染めで微妙な色が出ています。ハサミで。

◯葉・・・緑系濃淡折染め1種ですが、葉一枚一枚に、形と動きに変化がありますから、決して単調な色に見えませんね。花の陰になる暗いところには、花の中央部分に使った濃い赤紫を少し貼りましょう。
                            

(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。