2015年2月の教材

作品名 作者名 サイズ
山路来て 山本節子
(大阪府)
SM

山道や野辺の道で、また街角で出会う石仏たち。この国だけでも、どれほどの数があることでしょう。昔から人々のせつないまでの祈りや願いを一心に受け止めて、石仏たちはいつも静かに佇んでいます。
木もれ日の射す林や道、お地蔵さんなどの描き方に、和紙それぞれの特徴を充分に活かし、簡単に貼れるよう工夫されています。

1)下図・・・主なポイントになる線や位置を描く。下色に(イ)(ロ)を貼る。
(イ)ピンク系と黄色系の折染め薄紙
(ロ)淡くくすんだピンクと灰緑の雅染め典具帖  

2)(イ)のピンクの部分(林の奥)・・・厚紙絞り染めの淡いところを選んで細く何本か切り、樹の幹を貼る。その上に一枚、濃い方の灰緑系雪しずく染めを重ねる。葉はこの色や無地灰緑で。
(イ)の黄色系の部分(左の林)・・・先に一枚、淡い方の灰黄緑系雪しずく染めを貼って、厚紙の絞り染めを切って幹を貼る。
アミ目落水紙を両方の林の所々に貼る。必要に応じて、この雪しずく染め2種と、淡い方の茶系雪しずく染めの淡いところなどで表情を付けていく。

3)(ロ)の右の方の暗がりを貼る。下色は濃い緑、青緑無地2種と、濃い方のこげ茶系雪しずく染め、雅染め(濃い方で)など。
正面の大きな木3本を貼る。表情を付けるには、茶系雪しずく染め2種で。ハイライトは白超々極薄紙。

4)お地蔵さん・・・白5.5匁で光背の形に切って貼り、その上にお地蔵さんの形に切ったものを貼る。雅染め2種を小さくちぎって、陰影や石の地肌を出していく。色の調節には、茶系雪しずく染め2種と、茶と鉄紺2色折染めなども使う。ハイライトは白5.5匁や白超々極薄紙。赤いよだれかけを貼って出来上がり。

5)草むら、木立の葉、木もれ日、路などを仕上げる。
                              

(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。