2014年7月の教材

作品名 作者名 サイズ
亀井健三・宮崎純子
(本部)
4F式紙

30年くらい昔の亀井主宰の教材「潮騒」に、この度少しアレンジを加えてみました。今風の言葉で「リメイク」ですね。当時は無かった和紙、それ以後に開発された和紙など、今ある様々な和紙も使っています。いわば時を越えた父娘の共作・・・と申せましょうか。(そのため落款やサインは入れておりません。)

◯下図は水平線の位置だけ描いておく。

◯空・・・<あ>水色グラデーション染め(特大判)で。白とそれに続く淡い色の部分で、水平線から画面上端まで一枚大きく貼る。あとで、空の表情を付けますが、それも淡い色で。残りの濃い色は全て、海に使います。

◯海・・・水平線から下3.5センチ位まで、<い>濃い青緑無地染めを水切りして貼る。次に、画面下端から水平線まで、<う>青グラデーション染めを一枚大きく貼る。画面下端から白を入れるようにして、水平線に向かって色が濃くなるように。さらに、水平線から1.5センチ位まで、<う>の濃い色を水切りして重ねます。
あとは、<あ>と水色無地染め、淡い灰緑無地染めを、ざっくりちぎって貼っていきましょう。グレー無地染めは、画面下部(手前の大波から下端まで)に貼って、水色を落ち着かせましょう。
また、手前の大波の下貼りに、<い>や<う>の濃い色を貼っておくと、上に重ねる白の落水紙が引き立ちます。
波の遠くは、<あ>や<い>の白を細くハサミで切るなどして。手前の波は順々に小穴から大穴、アミ目などの落水紙です。

◯水平線の向こうの陸(海岸が湾曲しています)・・・海使用のグレーに、淡い灰緑を、形を少しズラして重ねる。

◯帆・・・手漉き典具帖の赤2色、緑、黄。それに海(空)使用の水色で。

◯水鳥・・・白10匁とグレー濃淡折染め厚紙で。

☆水色無地染めに使われている染料は、タキーズブルーという色素がとても固まりやすい性質を持っています。そのため、すじ状の線が出ている場合がありますが、今回はそれがむしろ面白い効果を生みますので、そのまま使ってください。


(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。