2014年5月の教材

作品名 作者名 サイズ
夜明け 塩見真由美
(岡山県)
式紙

静かに夜が明けていき、かすかに人々の朝の営みの音が聞こえます。一日が始まりますね。太平洋を一望する高知の海がモチーフです。穏やかで、美しく、幸せに満ちた作品ですね。

◯式紙  淡いピンク。

◯下図  必要な線や、それぞれの位置を描いておく。

◯下貼り  特大判3種を順番に貼っていけば、完成までの見通しが付きますから、どうぞご安心ください。

1)ピンク系濃淡折染め  水平線より上全体(空)に、濃い色が上半分、淡い色が下半分くらいになるように、一枚大きく貼る。水平線より下全体(海)に、濃い色が上半分、淡い色が下半分くらいになるように、一枚大きく貼る。

2)ピンクと黄の雪しずく染め  画面全体に、一枚大きく貼る。

3)淡いオレンジ系むら染め  画面全体に、一枚大きく貼る。

◯海   所々に黄とオレンジ折染めをちぎって貼っておいてから、グレー系雪しずく染め(大判の方)を、中央から画面下端まで一枚貼り、その上に淡いグレーとベージュむら染めを重ねる(これは、シワを寄せてもいいでしょうね)。この2種は、淡いところを選んで中央より上の海にも貼って下さい。海は、さらに下貼り用の紙も適宜ちぎって、色の調整をして下さい。

◯半島・島.突堤(?)・船    厚紙の黒で。出来るだけちぎること。必要に応じて鉄筆やハサミで。こげ茶濃淡折染めと濃い小豆色濃淡折染めをちぎって所々に。光の当たっている部分は、海や空から適当な色を選んで。緑春雨落水紙も少々。
以上を貼る前に、半島や島の頭上、暗い雲の影がありますから、濃い小豆色濃淡折染めを先に貼っておきましょう。なお、中央の島に灯台が見えますが、これは海使用の淡いグレーとベージュむら染めを3〜4枚重ねて。

◯空  グレー系雪しずく染め(小さい判の方)やピンク濃淡折染め(小判)に、下貼りや海に使った色も加えて、ちぎって貼り重ねて下さい。

◯最後に日の出の色を、オレンジや、朱赤濃淡折染め(小判)で、海と空に入れて完成です。
                            
(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。