2014年3月の教材

作品名 作者名 サイズ
五月の花 波多野式部
(愛知県)
式紙

初夏の風と光の中で花たちがささやき合い戯れている、そんな清々しい華やぎを感じる作品です。

◯式紙も可愛らしい、白い花びらや小さな葉が舞っているイメージのものです。

◯バック  この紙は「夢幻染め」といい、染料にドーサ(礬水)を作用させることで、絶妙な不思議な色の変化が生まれることから名付けられたものです。花の位置や形をおおまかに鉛筆で描いてから、ちぎって貼っていきますが、すべて貼り終えてから花を、ではなく、花を貼りながら適宜貼って下さい。

◯花  厚紙ピンク系折染め5種(大判3、中判2)
    薄紙ピンク系4種(大1、中2、小1)、緑系2種
☆ 中心(主役)の花ひとつ
厚紙中判2種(同じ色で、ひとつは絞りを入れて染めてある)。薄紙は小判の濃いピンク格子折り染め超極薄紙と、黄緑折染め超極薄紙。
☆ 左上2つ、右下2つ、つぼみ2つ
厚紙大判2種(同じ色で、折り幅が変えてある)。薄紙は大判のピンク格子折染め超々極薄紙と、中判のピンク格子折染め典具帖。黄緑折染め超極薄紙。
※ 真横向きの花(ラッパ状に見える花)は、ラッパ状の筒の部分を厚紙か典具帖を二重にして貼り、反り返っている花びら部分は厚紙で貼る。そしてラッパ状の向こう側の花びらは典具帖を二重にしたものをちぎって貼る、という方法でなさってみて下さい。簡単に、いい効果が出ます。
☆ 右上ひとつ、左下ひとつ
厚紙大判の淡いピンク1種。薄紙は大判のピンクのグラデーション染め(段々にぼかしが入っている)超極薄紙と淡い緑折染め超極薄紙。

◯花心  めしべは花用の厚紙の白いところ(5.5匁の厚さです)。おしべは小判の白(4匁)で。ハサミで切る。それぞれの先端には、黄、緑と赤の格子折染め、花使用の薄紙のピンクのところなどを、鉄筆のお尻で押さえて引っぱって下さい。

◯葉  緑系厚紙2種。花を貼っていく途中や、最後の仕上げに、ちぎって配色や動きを考えながら貼っていきましょう。
                                

(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。