2014年2月の教材

作品名 作者名 サイズ
宵の桜 矢野伸明
(本部)
式紙

◯左奥の遠景の山
淡青無地染超極薄紙を一枚ベタッと貼った後、山の上の方に何枚か重ねる(山に見えていればOK)

◯花の下地
青紫顔料染落水紙を所々に大まかに丸くちぎって貼り、右下周辺のみ薄紫藤色顔料染落水紙を貼る

◯幹 
鉄紺濃淡2色折染で幹の土台を貼った後、それに沿って茶系絞り染めを切ったり、ちぎったりしながら貼っていく(鉛筆でアタリを付けてから貼っても良し)
こげ茶落水紙で形を整え、デコボコさせる
細かな枝は濃紺系超極薄紙などをハサミで切って

◯丘
濃紺無地超極薄紙と緑系超極薄紙と緑系濃淡折染め極薄紙の3種を使用し、少し変化をつけながら貼る

◯スポットライト
明かりは、黄緑系むら染極薄紙→緑系大穴落水紙→10匁→白典具帖の順に貼る
スポットライトそのものは、丘で使用した紙を重ねてハサミで切って作る

◯花を貼る (※ポイント 貼り過ぎない様に少しずつ…)
あらかじめ貼っておいた下地の上に顔料吹付染と落水紙白を少し貼る
スポットライトが当たる下の方は薄ピンク大穴落水紙を貼り、光の強弱をつける
自分なりの桜を咲かせてください

最後に白10匁で星を作れば出来上がり?

この式紙は昨年の7月の教材の「雲の彼方へ」で使用したものと同じものです。
同じ式紙で夜の風景が出来ますよ


(矢野)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。