2013年10月の教材

作品名 作者名 サイズ
シャンソン・秋 飯田香久子
(神奈川県)
SM

静かなシャンソンのメロディーが聞こえてくるような情景です。シワを寄せたり、線香で焼いたりと、面白い技法が盛り沢山です。

◯ポイントになる構図の線を軽く描き、下貼りする。


(あ)黄濃淡折染め典具帖を一枚、地平線(人物の足元あたり)より上が淡い色、下が濃い色になるように、水切りして貼る。
(い)灰青系雪しずく染めを一枚、そのまま貼る。
(う)同じ紙を、シワを寄せて貼る。

◯(あ)の淡い黄色の部分に、淡い無地ベージュ典具帖を一枚重ね、さらに周囲をぼかすように、この色と紫系雪しずく染めの淡い色のところを少し貼る。
(あ)の濃い黄色の部分(地面)に、紫系雪しずく染めを一枚貼って、さらに色の足らないところにもちぎって足す。そして地面右側、並木の影に、灰青系雪しずく染めをちぎって貼る。
(う)に、紫系雪しずく染めを、所々に貼る。

◯落水紙3種(春雨むら染め、大穴顔料とドーサ染め2種)を適宜貼る。原画では、地面には主に春雨が多く使ってありますが、染めが少し濃く仕上がっていますので、少なめにして、大穴落水紙の淡いところも使って調節して下さい。

◯人物を貼る。厚紙2種で。色の濃淡を活かして下さい。二人の頭は同じ色(灰青折染めの濃いところ)です。赤いコートの人物は、小さなバックを提げてもよいでしょう。

◯最後に枯葉を舞わせて出来上がり。虫食いの穴や、葉の縁を線香で焼いて下さい。
                              
                            
(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。