2013年10月の教材

作品名 作者名 サイズ
サンタさん 長谷川由紀
(兵庫県)
式紙

あっと驚くような大胆な構図ですね。しかも式紙の白を利用したり、白の中厚典具帖や檀紙、落水紙などの使い方の発想がとても愉しく、それこそ楽しみながら、あっという間に出来上がってしまいます。初心者の方やボランティア、一日体験講習などの教材としても最適です。

◯バックの緑むら染め極薄紙を画面右の方に貼る。(帽子の先の三角部分、白いポンポン、服などの下にこの色が貼ってあってもかまいません。)

◯顔を貼る。ほぼ見えている形を、白極薄紙で写して、肌色2種に重ねて鉄筆で切る。色の濃い方を上にして重ねて貼る。(重ねることで血色が良く元気そうになりますね。)

◯帽子と服を厚紙の赤濃淡折染めで。白極薄紙で写して下さい。帽子のシワの陰影は同色の超極薄紙で付けて下さい。

◯顔を貼っていく。淡いピンク無地典具帖、黄土色濃淡折染め超極薄紙で、頬や鼻、眉の陰影を。淡いピンクとクリーム折染め超極薄紙は必要に応じて使って下さい。
目は濃茶典具帖、口は赤濃淡折染め典具帖(小判)です。眉と鼻ヒゲは檀紙をちぎって。全く同じ形にならなくてもかまいませんよ。あごヒゲは、式紙の白を利用して、所々にピンク、黄、紫の多色むら染め超極薄紙を貼ってから、白落水紙をちぎって重ねていきましょう。

◯帽子の白い縁飾りは、式紙の白を利用して、その上に中厚典具帖の毛羽を活かして貼っていく。糊をつけておいて、ちぎったり、鉄筆やミニ筆のお尻で押さえてひっぱって。
白いポンポンは、檀紙を円形にちぎって貼り、その上に中厚典具帖を、白い縁飾りと同じ作業で貼っていく。その前に、あごヒゲのむら染め超極薄紙を少しだけ、円形の下部に貼っておくと、立体感が出せます。

◯サンタさんから、ほほえみのプレゼント!!です。
                               
(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。