2013年6月の教材

作品名 作者名 サイズ
爽(そう) 宮崎純子
(本部)
4F式紙

父の青春時代の思い出の地を、訪れたいと願いながら叶わなかった場所を、ある年の初夏、姉と二人で辿る旅をしました。信州はまず上田市の「無言館」(戦没画学生達が遺された作品の展示館)へ、そして小諸、安曇野を巡り、上高地から飛騨高山へ。
この作品はその上高地です。清らかに流れる川、雪の消え残る谷間、緑が輝く山々や森、すべてが心に染みるようでした。

◯式紙  淡い緑です。淡彩画のように描きますので、画面の天地左右は式紙の色をそのまま残すようにします。

◯鉛筆で軽く下図を描く。

◯遠くの谷間  (あ)雪しずく染め(淡いグレー、紫、ベージュなど超々極薄紙)、雅染め典具帖2種。わずかの淡い緑は、もう一種の雪しずく染め(い)(水色、黄緑など超極薄紙)の中から少しちぎって使います。この(い)は主に水面に使うものです。

◯ 左右の山々  (う)水色とグレーむら染め典具帖をベースに、(え)灰青無地超極薄紙(お)浅緑無地超極薄紙、そして谷間に使った(あ)も少し。
右の山々・・・(う)で二つの山を一緒に水切りして貼る(森より少し下まで)。遠くの山はそのままで。手前の山には(う)(え)(お)をちぎって貼っていく。
左の山々・・・やはり(う)で全部一緒に水切りして貼り、一番遠くの山はその上に(あ)を少々。手前の山々はやはり(う)(え)(お)をちぎって貼りながら、だんだん濃くしていく。特に一番手前の山は、紫味の青(小判)も少し重ねて下さい。

◯砂地  黒皮入り未晒し楮紙を細くちぎって貼っていく。見えている部分だけでいいです。

◯森  ベースにくすんだ緑系むら染め典具帖をちぎって貼り、その上に濃い緑味の青濃淡折染めをちぎって重ねる。エネラルドグリーンも所々に。そして落水紙4種で生い茂る葉を。木の幹は厚紙の絞り染めをハサミで切って。

◯水面  (い)をベースにまず大きく貼って、(お)や(あ)を所々に重ねて下さい。(え)は必要に応じて。
                                

(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。