2012年4月の教材

作品名 作者名 サイズ
待ってるね。 村尾信子
(本部)
式紙

蓮の葉の上にチョコンと座って、蕾を見つめている蛙。絵本や童話の世界のような心温まる情景ですね。この場合の「待つ」という行為の中には、期待や希望を持って生きる幸せな時間を感じます。

1)背景  花はピンクと白の折染め(3匁)、葉は黄緑と緑の顔料むら染め典具帖。茎は手前の葉用・茎用の厚紙をハサミで切って。以上を貼ったあと、雪しずく染め(水色と黄緑と白の絞り染め)を、適当な色合いのところをちぎって上から重ねる。水面の表情や、全体がぼんやりと霞んで背景としての効果がうまく出ましたね。
2)前景の蓮の花と葉  右の大きな葉は、大判の緑と黄緑の2色折染め。2色の境目の混ざり合った部分をうまく利用しましょう。(白の染め残しがある場合のために、同色系の超極薄紙で色の補充をして下さい。この紙は葉の写し紙としても利用して下さい。)全体の形で一枚貼る。次に左のひだのような部分、手前に反り返った部分を重ねて貼る。
左の葉は黄緑折染め。この紙は必ず鉄筆、水切りで。
花はピンクと白の折染め(5匁)。ガクの部分は灰桜色(厚紙)の中の色を使う。(場合によっては右の葉用の淡い緑も使う。)
茎と葉脈は上記以外の3色です。
3)蛙  緑と紫の格子折染めで。胴体全体の形をまず写し[写し紙は1)の典具帖が丈夫です。]、鉄筆で切って貼る。お腹は白5匁に淡いピンクとベージュのむら染め超極薄紙を貼る。目は葉脈の濃い緑、白、黒と順番に丸を小さく切って、少しずらして重ねて貼る。最後に鉄筆で白をチョンと付ける。口を貼って、手(?)足をつけて完成です。
(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。