2011年10月の教材

作品名 作者名 サイズ
また明日!! 宮崎純子
(本部)
式紙

昭和20年代から30年代にかけての私の子供時代、親の世代は癒えることのない戦争の記憶を胸中に抱えたまま、日々を懸命に生きていました。子供達といえば、そんなまわりの大人達の優しいまなざしに包まれて、身を寄せ合い、ささやかなことに幸せを感じながら毎日を過ごしていました。「また明日!!」この言葉は子供にとって、何の疑いもなく明日がくることを信じていた、いわばおまじないだったのかもしれません。3.11以降の今、「また明日!!」の言葉を信じ続けようと思います。6月教材「向日葵」につづき、この作品も今の私の思いが皆様に届きましたら幸いです。

◯下図を描く。木の幹、枝、ブランコ、すべて必要な線をうっすらと描いておく。初心者の方には次の方法をおススメします。淡い無地クリーム色超極薄紙で全部写して、そのまま式紙全体に貼ってしまい、下図完成というわけ。

◯ブランコ、木、どちらから貼られてもいいですよ。

◯木……厚紙や雲龍紙を使わないで幹や枝を貼ります。「和紙で描く絵」である「ちぎり絵」が、その可能性を無限に発展させていくことが主宰の目標でした。そのためには自由であること、多様であることです。固定観念にとらわれないで、例えば幹や枝にもいろんな紙を挑戦してみましょう。
機械漉き薄典具帖2種(グレーとベージュとドーサのむら染め、えんじ系濃淡折り染め)。この紙の特徴は手漉き典具帖と同じ最高品質の原料が使ってありますので、繊維が長くねばりがあります。特に紙の端っこは驚くほど長〜いものがちぎれます。端っこが入った方はラッキーでしたね。全員の方に端っこが入れられなくてゴメンナサイ。でも大丈夫。ちぎる時、力を抜いて繊維の流れる方向にそっと身を委ねるようにゆっくりとちぎってみて下さい。
最初にむら染めの方で、幹、枝すべて貼ります。細くちぎって縦方向に少し折り、ミニ刷毛で整えながら貼っていきます。次に濃い色のところに折り染めを乗せていきましょう。

◯葉……最初に淡いクリーム色超極薄紙をちぎって葉のしげり部分(画面ほぼ上半分くらい)に貼る。(初心者の方はすでに下図用として式紙全体に貼ってありますが、それでいいです。)次に、オレンジと黄緑むら染め超極薄紙を小さくちぎりながら、葉のしげみ、特に中央から右にかけて多めに貼っていく。次は手漉き春雨落水紙(ドーサと顔料吹き付け染め)、そして手漉き典具帖顔料吹き付け染め(雅染め)を小さくちぎりながら貼っていきます。

◯ブランコ……手漉き典具帖灰紫系むら染めで。手前の明るい支柱は一重、奥の暗く陰になっている支柱は二重か三重で、ハサミで切りましょう。鉄棒は一重です。ブランコのヒモは、幹・枝使用のむら染めを細くコヨリにします。
地面には、幹・枝使用のむら染めや、葉使用の超極薄紙などを少々。そして春雨落水紙をハサミで小さく切って落ち葉として散らし、完成!!です。
(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。