2011年9月の教材

作品名 作者名 サイズ
秋色の街 久才幸子
(大阪府)
SM

凛とした後姿の女性が秋色の街を遠去かっていく……。まるで往年の外国映画の1シーンのようですね。実際のモチーフになったのは、大阪の街です。基本的な遠近法や、実景を絵にする際の簡略化の方法、色調のまとめ方など、この作品から多くのことが学べます。

○下図を描く……舗道の石畳の縦線は、途中までしか描かれていませんが、延長してみると一点に集中します。そのことを念頭に置いて、線を描いてください。人物や木の位置、高さも描いておく。
○下色を付ける……土佐典具帖顔料染め(淡いクリーム色を基調に、ピンク、ブルー、紫など散りばめてあります)を一枚、画面全体に貼る。次に舗道の部分のみ全体に、グレーとうす紫2色折染め超極薄紙を貼る。(石畳の線はこの紙を細くこよりにして使う。)
○木……幹と枝は、茶とグレー板締め染め(教材には1枚入っている方と、半分づつ2枚入っている方とがあります)と茶系濃淡折り染め雲龍紙。葉は春雨落水紙4種とオレンジ・黄緑むら染め超極薄紙、黄緑と緑折り染め超極薄紙。
○遠景の建物や舗道の微妙な色付けには、上記以外の超極薄紙4種で。
○人物や落ち葉は厚紙5種(小さな正方形の判)。遠くの人物は、木に使った板締めを小さくちぎったものを鉄筆で形を整える程度でいいですよ。
(純子)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。