2011年3月の教材

作品名 作者名 サイズ
つつじの花 清水俊子
(岡山県)
式紙

この作品のシンプルでゆるぎのない美しさは、デッサン力の確かさの上に、色彩と構図を練り上げられた結果に生まれたものといえましょう。

○花とつぼみ
手漉きの厚紙を大きな格子折染めにしていただきました。原紙の性質と、四辺から色が入っていく染め方とが相まって、変化に富む微妙なぼかしが出ます。
花びらは、ひとひらづつ、いい染まり具合のところを選んでちぎって下さい。明暗の調子付けに、朱と橙2色折染め超極薄紙、茶系雪しずく染超々極薄紙、濃いピンクと青紫むら染め超極薄紙、淡いピンクと白折り染め超々極薄紙を使って下さい。
花心は、白の超極薄紙をこより状にして使います。雲龍紙の繊維を抜いて使うときは、また別の妙味が出ます。花心の先は黒の厚紙を出来るだけ小さくハサミで切ったものを貼りましょう。

○枝
赤味の茶系しぼり染め。裂いたり、鉄筆、ハサミ、いずれでも。

○葉
折り染め3種。いい色のところを選んで、ちぎって貼って下さい。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。