2011年1月の教材

作品名 作者名 サイズ
アマリリス 田中喜久子
(新潟県)
4F式紙

大輪の、なんともおおらかな優しい花が描かれました。すっぽりと抱かれているような、幸せな気分になりますね。
茎の長い、背の高い花を描くとき、このような横長の画面に、このような構図で描く、参考にしてください。

○花は、ピンク系折染め2種、5.5匁と3匁。ちぎって下さいね。主に5.5匁を使いますが、左の花の向こうにチラッと見えているはなびら2枚と、右の花の下の花びら一枚は3匁の方を使います。またこの3匁は、5.5匁の花びらの上に少し重ねてみると、またいい趣の色になりますよ。
他に、微妙な色のニュアンス、明暗の表情に薄い紙各色(小判6種、大判2種)。
花心は、白雲龍紙と黄厚紙です。

○茎は顔料染め、いい色ですね。葉は折染め2種。色調整に青緑無地超極薄紙。葉に貼ったり、こよりにして茎に線を入れたり。

○バックは、ピンク系むら染め機械漉き落水紙を、花の左側の空間や、右の花の上の方に貼って、表情を付けましょう。

○式紙は原画より少し濃く仕上がっています。でも大丈夫。素敵な作品になりますので。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。