2010年9月の教材

作品名 作者名 サイズ
吾亦紅 宮崎純子
(本部)
式紙

吾も亦 紅なりと ひそやかに  高浜虚子

野の花の中でも特に好きな花です。珍しい桑の紙が手に入りましたので、それをバックに描いてみました。式紙の色と桑紙の風合い、花の色、茎の色、様々なバリエーションを組み合わせ、結果このような作品になりました。

○桑紙は水切りしてください。
○茎は草木染め。大小2枚入れました。根元近くはすこし太めに切りますが、あとは全部細い線で描きましょう。蛇腹に折ってハサミで切ると長く細い線がうまく出来ます。濃淡そのままを活かしてください。
○花。桑の実に似ています。控え目な花です。(でも、バラ科だそうです。)
赤とくすんだピンク系を、花の形にちぎって貼り、その上に細かく切ったものを乗せます。大穴落水紙顔料ドーサ染めも加えて。細かく切ったものを寄せ集めて、それを湿ったミニ筆ですくって、あらかじめ糊を付けておいた花の上に乗せるようにするとうまくいきます。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。