2010年7月の教材

作品名 作者名 サイズ
ほほえみ(花の髪飾り) 五十嵐クニ子
(山形県)
式紙

「ほほえみは、結果というよりむしろ原因です」こんな言葉を耳にしました。
良いことがあったから微笑む、これはあたりまえ。でも、いつもそんなことがあるとは限りません。そこで、努めて微笑んでみる……すると、明るい気持ちになって幸せがやってくる……。

○花模様の額(画面四方の縁取り)  典具帖がこんなすてきな虹色に染まりました。水切りして貼って下さい。花はピンク2種(2つの工房の競作です)、黄、水色、紫のどれも大判です。一輪一輪ちぎるのは大変ですね。折りたたんで、鉄筆と水切りで、一度に沢山作りましょう。

○少女  頭から顔、首へと、輪郭線を写します。首は衿の少し下まで。この時前髪や目、口の位置も描いておきましょう。写す紙は肌色の典具帖2種のうち、淡い方です(白に見えますが、色が付いていますよ!)そして、この2種と10匁白とを重ねて鉄筆で切り、貼る。
首の陰は肌色の濃い方で。ほっぺとまぶたはピンクの典具帖。鼻は淡い紫濃淡折染め超極薄紙にピンクを重ねる。
目は髪用の焦げ茶を手本通りこより状でもよし、毛羽を活かしてもよし、です。
口は花の紙をちぎって。
服は額の花に使ったピンク2種です。
髪飾りは額の花、ピンクと黄に加えて小判の濃い色4種です。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。