2010年4月の教材

作品名 作者名 サイズ
卓上の静物 中川里子
(広島県)
4F式紙

和紙の染めを存分に活かして、美しく華やかな色彩の静物画です。
いい勉強になります。生真面目にキチッと貼る、というより伸び伸びと自由に描いてみて! そう、肩の力を抜いて……。

1)超特大判の淡いピンクと黄2色折染め(A)一枚を式紙全体に貼る(テーブル面にピンク、壁面に黄、画面上端に僅かなピンクがくるように)。壁には、さらに少しちぎって重ねる。次にテーブルに雪しずく染めを水切りして貼る。また、濃いピンクと紫の雅染め(B)や、淡いオレンジ、黄緑系(かぼちゃ使用)や(A)なども、必要なところへ貼る。

2)かぼちゃは薄葉紙で写しましょう((A)などで)。白10匁を鉄筆で切る。灰青雅染めで、デコボコを描いていく。細くちぎり、少しずらして折ったものを、次々と貼っていきます。次に色の表情を付ける。緑濃淡折染め、緑系顔料とドーサむら染め、青味紫2色折染め、緑と紫2色雅染め、(B)や1)で使った色で。

3)ぶどうは、紫とピンク2色折染め厚紙(5.5匁)。
染めの適当なところをそれぞれ選び、白鉛筆で丸く描き、手でちぎりましょう。これだけでも立体感が出ていますが、もっと色の変化を一粒一粒に付けていきます。無地の紫や赤紫、青味紫2色折染め、白などで。(右の房の一番左の粒には、(B)も使ってありますよ。)
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。