2010年3月の教材

作品名 作者名 サイズ
花の調べ 森山許代
(松江サークル)
SM

バラというモチーフは、汲めども尽きせぬ魅力がありますね。亀井主宰も和紙で描くバラに生涯魅せられていました。私も自分なりにいろいろ試みてきています。写実的に描いたり、和紙の漉き方や染めの面白さを全面に出して、荒すじ雲龍紙、荒すじ雲龍大穴落水紙、アミ目やスダレの落水紙、その他いろいろを組み合わせて。
さて、この作品。なんと、波乗り紙ですよ。ユニークな着想ですね。楽しく自由に描きましょう。

○バック  濃い青の雲龍紙を二重にしてください。
○花瓶とテーブル  トレペで花瓶の型をとり、赤系絞り入り折染めに、ピンク系オレンジと黄のむら染め波乗り紙を重ねる。テーブルもこの波乗り紙です。
○花  波乗り紙大判3種と小判1種。中心から外側へと貼っていきます。波乗り紙の模様の厚い部分に、地の部分の薄いところも少し入れてちぎります。厚い部分をほんのちょっぴり折り込んで、ねじるようにカーブさせながら、くるっくるっと、次々と貼っていきます。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。