2010年1月の教材

作品名 作者名 サイズ
花かげ 宮崎純子
(本部)
式紙

写実を離れて、花の並木道のイメージを描きます。したがって、道も空も並木の背後もすべて固有色ではなく、「花」というイメージの色で統一します。

○まず雅染めをご覧下さい。
皆様のお手元には二通りの染まり方の、どちらか一方が入っています。とても偶然性の強い、難しい染め方ですので、ご了承下さいね。
1)黄色〜ピンクの粒少ない〜ピンク多い〜淡い茶
2)黄色〜黄色とピンク混ざる〜ピンク多いところと少ないところ〜淡い茶

1)の方は、そのままで、一枚式紙全体に貼る。黄色が画面の下に来ます。
2)の方は、まず水切りして黄色のみ貼る。次にピンクの少ないところが下に、多いところが上にくるように、画面の残りの部分に貼る。
1)の方も2)の方も、どちらも仕上がりはうまくいきますからご安心下さいね。
空にあたる僅かなところは、はぎ取って式紙の色そのままを出す。淡い茶や、残りの黄色は木の根元や道に、ピンクの残りは、ピンクの色の足らないところに貼っておく。

○次に幹と枝。太いところはちぎって、細い枝はハサミ。絞り染めがいい効果を出します。

○花。特大判の紫系濃淡薄典具で、濃い色は下の方に、淡い色は上の方と遠くの方にちぎって貼る。遠近感が出ましたね。
次に濃い紫2色折染め極薄紙の鮮やかな紫を少し、左手前の下の方に貼る。ねっ! さらに遠近感が強調されました。
最後に花を散らす。厚紙3種に、さっきの濃い紫2色折染め極薄紙です。4種を別々にハサミで細かく切っておく。濃い色から淡い色へ、手前から遠くへと、順番に散らしていきましょう。(それぞれの色を散らすとき、ある程度、糊が乾いてからにしてください。)

○白と淡いピンクの超極薄紙は、空や遠方の色のぼかしやコントロールに使います。
                                      
(純)  

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。